バッテリー (9) (角川コミックス)

  • 18人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柚庭千景
制作 : あさの あつこ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040812

作品紹介

白熱の紅白戦。横手戦を賭けた紅組(レギュラーチーム)と、巧・豪率いる白組(一年生チーム)。1対0とリードのまま最終回のマウンドに立つ巧を待ち受けるのは、四番打者・海音寺! 勝負の行く末は―――!?

バッテリー (9) (角川コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新装版が刊行されたのは知ってたけど完全新作出てたんだ! 時間かかっても出してくれるっていう信頼があるから有難いです。前も結構空いたけどちゃんと出たし。
    相変わらず作画が綺麗で惚れ惚れします。巧の瞳が綺麗で説得力がある。海音寺キャプテンが格好いいです。キャプテンの作画は想像より童顔だなあと思ってたんですけど、ちゃんとかっこよく見えました。童顔も何もまだ15歳とかなんですよね。

  • 試合終わって、なんか鬱陶しい展開になって、最後は漫画らしい方向へと進んでいる。イイね。


    展西って、コレだけ物事をハッキリ言えるなんて、スゴイなぁ〜って、思ってみたり。

  • 本誌を読んでいないので、新書版8巻から6年、やっと新刊として読めた嬉しさでいっぱい。
    名門横手との試合を賭けたレギュラー対1年生の紅白試合。野球のシーン、本当にかっこいいなぁ。
    最後の1球、皆が『もっと野球をやりたい』と思うモノローグが皆違っていて、らしさを感じた。
    模範的な生徒だった展西が言いたいことを言って野球部を去るのは海音寺キャプテンを思うとつらかった。
    原作を読んだのは10年程前のことなので、野球部の活動について発言する校長先生に向かってキレたのが彼だということを忘れていて、あのシーンに驚いた。

全2件中 1 - 2件を表示

バッテリー (9) (角川コミックス)のその他の作品

柚庭千景の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バッテリー (9) (角川コミックス)はこんなマンガです

ツイートする