猫又お双と一本足の館 (角川文庫)

著者 : 周木律
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年3月25日発売)
3.55
  • (0)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 39人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041185

作品紹介

些細なことでぎくしゃくし、姿を消したお双。お双を探す隆一郎はやがて、一本足で立つ不思議な館へ招かれる。そこにはお双と、4匹の猫又がいた。ふたりは無事仲直りするが、隆一郎が容疑者となる事件が起こり!?

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本学の学生が選書した図書です。
    【分類】913.6/​Sh99/3
    文学のコーナーに並んでいます。

  •  お双ちゃんがかわいいのはわかったから殺人シリーズの新刊を...。

     シリーズ3巻目、2巻からテレパシーで隆一郎と心の声で通じ合う能力に目覚めた猫又のお双だった。

     しかし、隆一郎はといえば、論文が壁に当たって進まなくなり、後輩の女学生に振り回されても嫌とは言えない性格で疲れきっていた。

     ある時、心の中で出ていきたければ出ていけばいい、と思ってしまい、それをお双が感じ取り、お双は出て行ってしまった。


     何にも手につかなくなった隆一郎の元に男が現れる。猫又の族長を名乗る男は、お双が恐山にいることを伝える。

     丸一日をかけてたどり着いたのは、猫又の隠れ家だった。

     そこで隆一郎とお双は再開するが、事件に巻き込まれる。


     これまた惰性で読んでるシリーズ。

     まだまだ隆一郎とお双の生活は続きそうです。

  • 2016/04/11読了

  • 差し当たり猫又という存在にケリをつけた感じ。完結巻ですけど、この話はむしろこれからなんじゃないかなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)のその他の作品

周木律の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
有効な右矢印 無効な右矢印

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)に関連するまとめ

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする