あしたも、友だち となりのウチナーンチュ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041307

作品紹介・あらすじ

ウチナーンチュ(沖縄人)の彩華はしっかり者の15歳。小説家の父とおんぼろアパートで二人暮らしだ。ある日、隣室に同じ歳の夏海が東京から引っ越してきた。物静かな彼女は、心に深い傷を抱えていた……しゃべる青蛙神、猛烈な台風、そして飲んだくれの大人たち。大らかな自然とちょっぴり不思議な事件を通して、正反対の二人は次第に気持ちを通わせていく。少女たちの絆と成長をのびやかに描く温かな物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほっこりノンビリ、沖縄らしい魅力のいっぱい詰まった小説。

全1件中 1 - 1件を表示

あしたも、友だち となりのウチナーンチュ (角川文庫)のその他の作品

早見慎司の作品

あしたも、友だち となりのウチナーンチュ (角川文庫)はこんな本です

あしたも、友だち となりのウチナーンチュ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする