淫雨に溺れて (角川ルビー文庫)

  • 25人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : つばき深玲
制作 : 笠井 あゆみ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041826

作品紹介

神代さんはすごいね。紙の上に雨を降らすことができる――。合同展を控えた人気書道家の善は、粗野で仕事のできない男・湊を渋々雇うことになる。だが、悩みなど皆無に見える湊が、冷たい雨に打たれ、淋しげな言葉を漏らす姿を見て心惹かれてしまった。時折傷ついたような表情をする湊に、善は盗むように触れ、やがて手に入れたいと願うまでになる。湊の罪に濡れた秘密を知るまでは…。傲慢な書道家×影を抱くアルバイトの、淫雨に濡れた恋物語。

淫雨に溺れて (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙買い。初読み作家さんです。
    見た目がチャラくて私生活もちょっとだらしない書道家の善。例によって笠井センセの描く攻はカッコいいです…!
    そんな彼が伊織との合同書道展を目前に、雑用のアルバイトとして雇ったのが、根は良い子なんだけどどこか変わってる湊という20歳の男の子です。
    書道家のサポートするにはちょっと使えないw
    でも真面目に雑用をこなして、第一印象とは正反対に一生懸命な子なので、情が芽生えてしまった善の気持ちもわからなくもないです。
    読み進めると、この美形なんだけどちょっとアホっ子?と危ぶまれていた湊の挙動不審には、暗い理由があったことがわかってきて胸がしめつけられました。

    いいストーリーだったと思うけど、少し説明不足というか惜しい!みたいな部分があって、湊の生活の困窮ぶりとか、伊織の心情とか、もっと深く掘り下げて描いてほしかったなと思いました。
    特に伊織に関しては、かなりお子ちゃまな手口でw呆れてしまいました。きっと根は単純で、不器用なのもお坊ちゃま育ちゆえと思われます…

    エロ的には思ったより少なめでしたが、ツボにしっかりはまる描き方でよかったです。エロさもありながら、ラブ度も大きいのが私的好みに合っていました。
    もっと濃厚な濡れ場があったらよかったのにw
    でも善がステキだったし、湊もかわいくて、この先二人には幸せになってほしいと切望です。

  • 表紙買い、初読み作家さん。書道家・神代×雑用アルバイト・湊。読み始めた頃は攻にも受にも魅力が感じられず、うーんと思っていたけど、湊の「傷」の部分に触れ始めてからはなかなか面白くなって読めた。ただ、アイツにはあれで終わり!もっとザマァな展開は?って思ったし、最後も駆け足な感じが残念だった。相変わらず笠井さんのイラストアングルは素敵です♪ 特に扉絵が…

全2件中 1 - 2件を表示

淫雨に溺れて (角川ルビー文庫)のその他の作品

つばき深玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

淫雨に溺れて (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする