海に向かう足あと

著者 : 朽木祥
制作 : 牧野 千穂 
  • KADOKAWA (2017年2月2日発売)
3.26
  • (5)
  • (7)
  • (12)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041956

作品紹介

村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬二匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか? ――切ない、心に迫る、ディストピア小説。

海に向かう足あとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読まなきゃ良かった、と思うほど現実的な恐さのある話だった。
    もし同じような状況に陥ったとしたら、きっと首を振った老人のように家から動かずここで終わりたいと思うだろうな。

    それから人々がどうなったのか、わからないままページが終わるけど、少しも良い未来は想像できなかった。これから嫌でも関連のニュースや話題が目につくんだろうなぁ

  • 船と海に魅了された男たちと、世界情勢。

    ヨットレース出場に向けてそれぞれが日程を調整しながら、日々準備を進めていく6人。

    自営業の村雲、最年長の相原、公務員の三好、研究者の諸橋、IT企業の研人、ヨットニートの洋平。

    それぞれの家族と共に、思い出深いヨットレースになるはずだった離島で知ったのは、
    突然おきた核兵器による攻撃で壊滅的被害を受けた日本、
    混乱する世界と途切れる情報。

    大好きな船と海と、希望を抱えて本土に向かう決意。

    まさか核攻撃受けちゃうとは、平凡なヨットレースの話だと思ってたら、あらまあ。
    危機感の薄い平和ボケしている身としては、
    最後があまりにも唐突に感じたけど、未来は誰にもなんとも、ね。

  • 前半と後半のテンションが180度変わる。
    布石が不自然なので、何となく先が読めてしまう。
    安穏と生活せずに、日常の大切さを痛感

  • 事が起こるまでが長いというか、事が起きてからが短いというか、事が起きそうな部分からがもう少し膨らんでいると、もっとリアリティがあるような気がしました。それでも怖さは伝わりました。

  • 紹介で「デストピア小説」と聞いていたので、分かった上で読み進める。へー、こういうのをデストピア小説というのか。

    風景描写が丁寧で、登場人物の海とヨットへの愛が良く分かる。一人ひとりは、感情移入するほど描かれているわけでもないが、魅力的に書かれており良いチームだな、と思わせる。村雲と女性(名前忘れた)については綺麗過ぎるというかできすぎてるというか、そんな二人なかなかいないでしょう、というかで、なんだか現実味もなく小説の中でのおさまりも悪いのでは?と思ったのは私が意地悪いのでしょうか笑。

    最近書かれた小説だからか、今の日本の状況に合っていてあり得ない事ではない、という点でも興味持って読める。テンポも良く、登場人物の会話も楽しく、たまにこういう本もいいな、と思った。

  • 現実になったらこれほどおそろしいことはないと思った。現実にどこぞの国がミサイル実験何回もしているし。楽しんで読めなかったので☆3にします。

  • 201707

  • でも....辛すぎる

  • ディストピア小説:dystopiaは、ユートピア(理想郷)の正反対

    ヨットレースにいたるまでのお話かとおもいきや・・・オチがすごい。
    でもあながちなくはない、最近のニュース。

    朽木さんの警告?


    『渚にて』byネビル・シュート
    原題:On the Beach
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9A%E3%81%AB%E3%81%A6_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)


    『実験漂流記』byアラン・ボンバール
    https://kotobank.jp/word/%E3%80%8A%E5%AE%9F%E9%A8%93%E6%BC%82%E6%B5%81%E8%A8%98%E3%80%8B-1331548

    『どろんこハリー』
    『ミリーモリーマンデー』
    『きいろいばけつ』
    『鳥よめ』
    『風が吹くとき』

    シンボルスカの詩集
    ヴィスワヴァ・シンボルスカ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AB

    恐ろしいほどの幸せ
    我々がどんあ世界に生きているか
    はっきりと知らないでいられるのに
    恐ろしいほどの幸せ byシンボルスカ

    『朽ちていった命』
    NHK「東海村臨界事故」取材班

    When a man in tired of London. he is tired of life, for there in London life all that life can afford.
    ロンドンに飽きた者は、人生に飽きた者である
    なぜなら、ロンドンには人生がもたらすすべてがあるから

    ボンバールの言葉
    「人生希望を失ったら、三日で死ぬ」





    「未来」は、永遠ではない……。心に迫る、切ないディストピア小説 
    http://www.kadokawa.co.jp/product/321601000106/

    村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬二匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか? ――切ない、心に迫る、ディストピア小説。

  • 913
    3/9の選書ツアーにて購入

全19件中 1 - 10件を表示

海に向かう足あとのその他の作品

朽木祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

海に向かう足あとはこんな本です

ツイートする