にぎやかな未来 (角川文庫)

著者 : 筒井康隆
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年6月18日発売)
3.62
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041041994

作品紹介・あらすじ

「超能力」「星は生きている」「最終兵器の漂流」「怪物たちの夜」「007入社す」「コドモのカミサマ」「無人警察」「にぎやかな未来」など、41篇の名ショートショートを収録。

にぎやかな未来 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近未来のショートショート集。笑いあり、驚きあり、気持ち悪さあり、哀しみあり。

    面白さは 本の内容が 一部 現実化していることであり、発想が 現実を はるかに超えているところにある。オチを予測しながら読んだが、一つも当たらなかった

    発想の凄さは 子供の時の発想の自由さ、現実からの未来予測にある気がする。それにしても、発想が自由すぎる。「擬似人間」「ベルトウェーの女」「にぎやかな未来」は 実現性と 発想の凄さに 驚く

    「踊る星」「遊民の街」は 笑いのなかに 現実の哀しさを感じた

  • ショート集。

  • 筒井康隆さんの短編集。
    1ページの作品から、10ページ以上の作品まで、全部で41編あります。

    お話はショートショートならではの醍醐味である、不条理さ、ブラックさを十分に楽しむことができます。
    「え、これで終わり?」となるような唐突な最後やオチがまるでコントのようなユーモアなストーリがあったりと様々です。
    SF的な話が多いのも筒井さんらしいのではないでしょうか。

    ちなみにこの本は昭和47年に発行されたものなのですが
    古さを感じさせない面白さを保ちつつ、その年代のショートショートに見られる独特な雰囲気も味わえるのも嬉しいです。

    ちなみに星新一さんが解説を書かれています。

    図書館スタッフ(学園前):ホワイト

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2410004939

  • 解説、星新一
    「へたにけなすと、わが身のセンスのなさをさらけだしてしまう」

    私にはセンスの欠片もないことを自覚しているため、さらけだしてしまおうと思う(笑)

    初の筒井作品。
    んー、期待しすぎた?
    手抜き?
    落ちが見えちゃう。
    皮肉のパレードは好き。

    印象深かったのが、「地下鉄の笑い」
    空気を読むって昔からあったんだな。
    当たり前か、空気なんて時代や国に関係なくどこにでもあるものだし。

    「亭主調理法」も面白かった。
    急にスプラッタ的なものが始まったのかと(笑)

    一番驚いたのが、旧版初版が昭和47年!
    今読んでも古くささなんてないことが驚き。
    宇宙、移動方法、出産、働きかたについてなどの世界観が面白い。

    長編も読んでみたい。

  • 皮肉っぽいラストとショートの読みやすさがよかった
    ものすごいショートでシンプルな到着とかはそれこそあーと思ったら終わってた

  • 超能力 / 帰郷 / 星は生きている / 怪物たちの夜 / 逃げろ / 事業 / 悪魔の契約 / わかれ / 最終兵器の漂流 / 腸はどこへいった / 亭主調理法 / 我輩の執念 / 幸福ですか? / 人形のいる街 / 007入社す / 踊る星 / 地下鉄の笑い / ながい話 / スペードの女王 / 欲望 / パチンコ必勝原理 / マリコちゃん / ユリコちゃん / サチコちゃん / ユミコちゃん / きつね / たぬき / コドモのカミサマ / ウイスキーの神様 / 神様と仏さま / 池猫 / 飛び猫 / お助け / 疑似人間〈ロボットイド〉 / ベルト・ウエーの女 / 火星にきた男 / 差別 / 到着 / 遊民の街 / 無人警察 / にぎやかな未来

  • 短編集。まるで日本の未来を描いたような作品で、SF要素を散りばめながらも「ありえなくはない?」をふんだんに盛り込んだ良作。

  • 旧版初版は昭和47年というからワシの産まれる前。短編集ゆえに好みもそうでもないのもあるが、それをおいても書かれた年代を意識せずに読めるのがまずすごい。SF的なのも多いが、今に至るも普遍的なネタだな、と思う。短編の面白さと難しさを楽しめる。

全8件中 1 - 8件を表示

にぎやかな未来 (角川文庫)のその他の作品

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
又吉 直樹
ヘミングウェイ
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

にぎやかな未来 (角川文庫)はこんな本です

にぎやかな未来 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする