八月の六日間 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.66
  • (39)
  • (71)
  • (82)
  • (14)
  • (0)
本棚登録 : 666
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042175

作品紹介・あらすじ

40歳目前、雑誌の副編集長をしているわたし。仕事はハードで、私生活も不調気味。そんな時、山歩きの魅力に出逢った。山の美しさ、恐ろしさ、人との一期一会を経て、わたしは「日常」と柔らかく和解していく――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まるで日記を読んでいるようでした。
    最近、『富士日記』を読みはじめたからかもしれないけれど、よく似た感情を抱きました。山での出来事が淡々と記されているのが心地良いのです。山へ向かうまでの準備の段階で出てくる沢山のおやつ、山での出会い、登っているときに湧き上がってくる感情、温泉の温もり……それらが、山の景色とともに流れていきます。
    山登りには、無になれる瞬間が待っているようです。山へ登ろう。そう思うとき、人は何かを山に求めているのかもしれません。

    • しずくさん
      昨夏に読んで北村薫さんへの苦手意識が消えた本です。マイブログ”しずくの水瓶”↓に感想を残しています。良かったらどうぞ!
      http://am...
      昨夏に読んで北村薫さんへの苦手意識が消えた本です。マイブログ”しずくの水瓶”↓に感想を残しています。良かったらどうぞ!
      http://amegasuki3.blog.fc2.com/blog-entry-336.html
      2018/07/30
    • 地球っこさん
      しずくさん、こんばんは★
      コメントありがとうございます。
      ブログ読ませていただきました。
      本当にしずくさんの綴られたとおりの
      感想を...
      しずくさん、こんばんは★
      コメントありがとうございます。
      ブログ読ませていただきました。
      本当にしずくさんの綴られたとおりの
      感想をわたしも抱きました。
      山に登らず、北村さん凄いです。
      山に登られて本が好き、まさにしずくさ
      んにぴったりですね。
      『孤高の人』読んでみたいと思います!
      2018/07/30
  • H30.3.8 読了。

    ・「日々の出来事に心を擦り減らしていた時、山の魅力に出会った。四季折々の美しさ、恐ろしさ、人との一期一会。一人で黙々と足を動かす時間。山登りは、私の心を開いてくれる。」・・・背表紙より。
    ・40代女性の私が山登りを等身大で行っている姿がとても良い。肩肘張らずに読めた。
    ・「人を動かすのは心だ。心が擦り減っては動けない。」「いろいろな人に助けられている。」「思えば、<有難さ>を教えてくれることそのものが、山の有難さだ。」・・・山登りという非日常の中に身を置き、小さな判断ミスが命を落とすかもしれない環境の中で気づかされた言葉の重みも感じました。

  • 日常での辛い出来事に遭った時、非日常を求めて山に登る、独身の女性編集者の登山の単独行日記。
    自らの30数年前の山行を思い出しながら読み進めた。
    そして、その行程のリアルさから、主人公と一緒に登っているかのような臨場感を味わえた。
    しかし、著者はこの作品を、一度も山に登らずに書いたとか。作家の想像力たるや、畏るべし!!
    主人公の山行の準備の記述で、携行する本の具体的な書名を出しているのはうれしい。今後、何を読もうかと考えた時の参考にもなる。
    また、毎回ごとに山に持ち込む食べ物を、これでもかこれでもかと列挙しているのは、何ともおかしい。
    すなわち、グミ、キャラメル、柿の種、ゼリー、じゃがりこチーズ味、ドライマンゴー、マドレーヌ、ドーナツ、etc。
    思わず、生唾を飲み込む読者もいたことだろう(笑)
    最近、山女が増えているという。この作品を読んで、山に登ってみようという女性がさらに増えるかも。
    しかし、単独行はくれぐれも控えるようにとの、著者の言葉。
    この作品、映画化の企画も進んでいるらしい。キャストが誰になるかも楽しみ。

    • 杜のうさこさん
      hongoh-遊民さん、お久しぶりです。

      この本、私も読みました。
      年末恒例の積読本救済のため、12月に(笑)。

      そうなんです...
      hongoh-遊民さん、お久しぶりです。

      この本、私も読みました。
      年末恒例の積読本救済のため、12月に(笑)。

      そうなんですよね。山の景色や、その行程もさることながら、
      おやつと一緒に持って行った本が気になって気になって。
      なかでも羊羹の一本まるかじり!
      夢なんですが、まだ実現していません。

      『作家のおやつ』はすぐに読みました。(またおやつです。笑)

      映画化のお話があるんですか?
      キャスト、ものすごく気になります!

      急に寒くなりましたね。
      どうぞ風邪などひかれませんように。
      2016/11/10
    • hongoh-遊民さん
      杜のうさこさん、コメント有難うございます。
      『作家のおやつ』という本があるんですか?
      面白そうですね。
      文庫の帯に「映画化企画進行中!...
      杜のうさこさん、コメント有難うございます。
      『作家のおやつ』という本があるんですか?
      面白そうですね。
      文庫の帯に「映画化企画進行中!」とあるだけなので、どこまで進んでいるのかはわかりませんが。

      2016/11/11
  • 読み出してすぐになんとも著者さんらしい文体だなぁ...としみじみ。

    山に持っていく道具の中にある本が、またなんともいえず
    著者さんらしさを醸し出しているように思えておもわずくすり。^^
    北村さんの著作では「円紫さんと私シリーズ」しか読んだことがなく
    しかもまだシリーズを駆け出したばかりの途中なのですけれど
    もしかしたらここに登場する「わたし」は円紫さんと「私」の「わたし」?
    なのかと思ったくらいでした。

    山はいい♪特に五月がいちばん好きです。
    木々のつやつやした緑と初夏の風。
    野花も鳥のさえずりも、水の流れも新鮮そのものという感じがして
    GWにはかかさずどこかに行きます。

    そしてそうそこの本の中の五月、有楽町の熱狂コンサートと
    山登りがセットになっていたのにびっくりでした。あらまぁ「わたし」ったら。
    私と一緒じゃないの~♪(笑)WGに有楽町と山に行くのを
    ほぼ毎年の恒例行事にしているので嬉しくなりました。

    私も本は持って行きます♪交通手段が電車、新幹線だったら必須です。
    マイカーだったら持ちません。
    いまだ日帰りばかりの万年初心者でしかありませんけれど
    泊まることになったら山小屋では読まないだろうなと思うので
    一冊あれば充分ですが…(笑)

    それから山への食料は
    読んでいるだけでおなかパンパン...
    甘いものとスナック満載で少々参りました。

  • 〈書を持って、山へ出よう〉
    山を登る。無心で歩く。
    決してドラマチックな展開があるわけではないけれど、これこそまさに「非日常」。
    読んでる最中から、自分がこれから山に行くような気分になって、じゃがりこを食べたくなって、、、。
    山の景色は想像するしかないけれど、読んでいてふつふつとイメージが湧いてくる。
    登っている最中の疲労感。山を降りる寂しい気持ちと、ほっとしちゃう気持ち。
    よく、困難というものは山に例えられるけれど、山小屋や山自体が大きく腕を広げて温かく抱いてくれることだってある。
    山の懐は、大きく深い。
    ※巻末にあるように、もちろん山には怖さもある。だから、困難な例えにもなるということを、忘れずに。

  • 北村氏の本を読むと、現実とは違う時間の流れを感じる。

    この作品の主人公は、私と同じような働く女性。
    そして、同じように恋愛ベタ。
    もっと、せかせかしても良いと思うけど、おおらかに見える。

    それは、主人公が読書家だからかもしれない、と思う。
    私も、もっと本を読みたいなぁと、思わされる。

    さすがに、山に登ろう、とは思わなかったけれど。

  •  自身も山歩きが趣味。山岳ルートの採り方、登山中に起こるアクシデントや人との交流、食糧服装などの装備に関することなど興味深く読んだ。でも、著者は山の経験がないという。これには驚くとともに、少し、いや結構がっかりした。
     購入してから1年近くほかの本を読みながら積読に近い状態だったが、白山登山の直後に読んだら3分の2以上を一気に読み終えた。山登りの魅力を十二分に読みとれる本だと思う。

  • 落とせば動かなくなる部品もある。なくしてもどうにかーどうにか、動く部品もある。
    ーわたし


    山に登りたくなる!!今すぐにでも!!笑
    コースのイラストも見やすく、また旅のお供の本やおやつはマネしたくなる!

  • 山登り友達から勧められた1冊。私は1人で登らないし、こんなに難易度の高い山にも登らないけど、山に登る理由とか、山での喜びとかは似てるなあと思った。いろんな本が出てくるのも面白かったな。

    あとがきの瀧井さんによるインタビューからの一節にもグッときた。「今回の場合は、人生における辛いことや苦しい気持ち、取り返しのつかないことと向かい合って生きていく人間の姿が伝えられたらな、と考えました」

  • 北村薫の八月の六日間を読みました。

    アラフォーの女性編集者が主人公の山歩きの本でした。
    仕事上のストレスを解消しようと同僚の女性編集者藤原ちゃんから誘われて山歩きを始めた「わたし」は厳しいけれど達成感のある山歩きに挑戦していくのでした。
    副編集長から編集長へ役職があがってストレスの種類も変わる中、山での山歩き仲間との出会いという喜び、幼なじみの心の友との別れという悲しみをとおして山歩きが描かれていきます。

    「わたし」は編集者なので山歩きに文庫本を持って行くのですが、山歩きのエキスパートからは不要な荷物だと言われてしまうところが、本好きとしてはツボにはまりました。

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2016年 『遠い唇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八月の六日間 (角川文庫)のその他の作品

八月の六日間 単行本 八月の六日間 北村薫

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

八月の六日間 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする