甘い復讐 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042243

作品紹介・あらすじ

病魔に怯え、欲望に耽溺する、優柔不断なある作家の姿を描く「余生」。セレブな人妻に元ホストがかけた黒い罠を描く「甘い復讐」――。『さらば雑司ヶ谷』『民宿雪国』で読書界に衝撃を与えた著者による猛毒短篇集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スノッブをアピール 胸糞が悪くなりそうなほど瀟洒なオープンカフェ ゆうかん有閑マダム 居丈高 殊勝なコメントでお茶を濁し何を強請ろうか 躊躇う素振り 特有な優雅さ 彼女の求めるものを過不足なく与えることに専念した 持て囃されきた美貌 落差がありすぎて た矯めつすが眇めつ眺め直し ピサロ 頬を淡く染めて 名状し難い感情が渦巻いていく 大場政夫 邪な 短い挿話 立身出世 安逸な稼業 世襲制を憎悪 あらゆる既得利権を行使 面貌が一変 父親の威厳が瓦解した瞬間 断乎拒否した 志村喬たかし 絢爛なシャンデリア 着床した瞬間を生涯忘れません 一滴残らず膣に注ごうと力をこめる 女は、しょうふのように扱われた後に、少女のように構われるのを無上の喜びとする。 横須賀で、ひとりの白人と友達になった。 排斥 従弟制度 十条駅から二十分ほどの場所にある印刷会社 芳春を思わせる日差し 中井の秋山屋 さんざん待たされた佐々木小次郎のような表情 駒込 零れて 懇々と説教をされました 異母兄妹 猿芝居の代表選手 狡賢い 純粋な享楽に耽った 拵えた天文学的な裏金 中出しなのに顔射なのはこれ如何に 禁じられた営みは最大限の悦びを齎す 逢瀬を重ねた 嫡子ちゃくし 愉悦とセンチメンタルにも似た感情 けんせき譴責する大喝が轟く この世にしてはいけないことなど、何ひとつないはずだから。 かつてない感情の塊 滂沱の涙 ロケハンが大事 期待以上のリアクション 哀れな供物には永遠の生を授けた 生贄 神饌 達磨にされた屈辱 シスター 陰囊までれろれろと舌先を這わせた フランスだとね、本当の恋愛は結婚をした後に始まるの。 「出た、人間ポット、押すだけ!」 怒りのシュプレヒコール 憮然とした表情 ヒッチコック『知りすぎていた男』 餡蜜 御誂え向き 「女房と畳は新しいほうがいい」 縁切り 雀 古米 黄色のトラックスーツ 猛る復讐心 鋭利な膝 罪業ざいごう 老いさらばえた脇腹 耳を欹てたた 糞尿の飛沫 草臥れた乳首 臭い立つ湯気が沸々と立ち込める 愛のボランティア なけなしの虚勢を総動員して 易者の主観で組み立てられた予想図 禍いの訪れを暗示するように唇の片方を吊り上げる 研ぎ澄まされた狂気の終点 破顔一笑 命が小さく縮んでいく 毀れていく瞬間 忘却は人間の防衛本能 あまりに緩慢な時の流れに耐えながら 巨大な虚無が降ってきて 嗄れた泣き声 死んだほうがマシな後半生 夜の熱狂は朝の光に溶かされる まるでそれがこの世でただひとつの真理であるかのように 小豆島 ストーン・ローゼズの十五年ぶりの再結成 いま死んだら伝説になる 今の所失敗作はないと自負している バセドー氏病 宛がった 何ら成長していない 膣の奥深くに種を撒き散らしたものだ 「もし妊娠したら、夫にはあなたの子よって言うんだぞ」彼女は泣きながら、君の腕の中で「はい」と返事をした。君は思い出して車内で少し硬くなる。 野方の六畳のアパート 忸怩たる思い もうしゅう妄執の末 悠々と「建前」を吐いてきた 『クラッシュ』『ミリオン・ダラー・ベイビー』心の底からそういう輩を軽蔑する 結婚するぅと呻きながらアクメに達した 三軒茶屋に住まいを変えた 町山智浩 「どっちがかっこいいか」で決めるようにしてはどうでしょう? 「親父、あなたができなかったことを、僕の体を使ってやってください」先祖代々の墓にも同じ文句を呟く LGBTを障害だと思っているのか どうにも偽善的な思いが残った 焼け石に水 きみは「満更でもない」と思う。確かに、肉屋の息子に生まれて、一浪して四流大学にしか入れず、エロ本屋で十三年働いてきたのに退職金がゼロ円のきみにしては、出来すぎの後半生だ。 「なりたい自分に、なれたんじゃないのか?」風は答えてくれない。それに返す義務もない。被害妄想が酷くて、差別主義者で、寂しがりのきみは、死ぬまで治らない。これからも、何ひとつ人生から学ばないまま。 鈴木喜之(オルタナ音楽ライター) カート・コバーンの訃報 余勢を駆って わからない人には何を言っているかまったくわからねーと思うが、それを承知でもっというと(笑) 筒井康隆 星新一 小松左京 当事者であるアーティストが考えてもみなかったことにまで躊躇なく言及していくスタイルを特徴としていたわけで… 狡猾で残忍な人間へと成長した男が主人公 憧憬と嫉妬と憤怒で身を焦がしながら 『ダークナイト』のジョーカーみたいな純粋悪のクールネスには程遠く 精神面での保守化が進んでいる 公開カンダウリズム(自分の妻の裸体を第三者に晒すことによって興奮する性的嗜好のこと) 美人弁護士の奥様を娶り 「全員が変態理事長の性奴隷でした」みたいな話を、たぶん書くぜ、彼は。

  • 相変わらず人前で読むのはちょっと…ていう小説。しかしかなり自分を切り売りしてるけど大丈夫???と心配してしまうのだけど。関係者の人たちとか。

  • この著者にしては珍しい短編集。本の帯でスピードワゴンの小沢が絶賛しているのが怪しい…

    『甘い復讐』『永遠とド証言ラゴン』『さくらの結婚』『ある芸者の』『十階建てのラブストーリー』『余生』の6編を収録。

    新堂冬樹、或いは筒井康隆のような短編が揃うが、どこか模倣の香りがする後味の悪い、後に残るものの無いゲスな短編ばかり。

  • 著者にしては珍しい短編集。
    従来の作風っぽいものもあれば、私小説っぽいものも。ゲスで下品だけど、愛に貪欲。
    似たようなシチュエーションの話あるよなーって思ってたら、キチンとオマージュ作品にあがっていた。樋口毅宏作品はそういう共感を覚えることが多い。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

ひぐちたけひろ●1971年、東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。 出版社勤務ののち、2009年『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。 2011年『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補・第2回山田風太郎賞候補、 2012年『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補に。新潮新書『タモリ論』はベストセラーに。その他、著書に 『日本のセックス』『雑司ヶ谷R.I.P.』『二十五の瞳』『ルック・バック・イン・アンガー』『甘い復讐』『愛される資格』『ドルフィン・ソングを救え!』やサブカルコラム集『さよなら小沢健二』がある。

甘い復讐 (角川文庫)のその他の作品

甘い復讐 (角川文庫) Kindle版 甘い復讐 (角川文庫) 樋口毅宏
甘い復讐 (単行本) 単行本 甘い復讐 (単行本) 樋口毅宏

樋口毅宏の作品

ツイートする