龍の紋章 キマイラ青龍変 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三輪 士郎 
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042373

作品紹介・あらすじ

美貌の戦士、龍王院弘。俊敏だが卑屈な少年時代に流浪の格闘家である宇名月典善に見出された。少年は強くなるために典善を師とし、体験を積み、やがて異能の格闘家に成長する。「キマイラ」が生んだ読切別巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わー!ひろし君!龍王院弘くんかわいい〜!っていう番外編。著者の愛が溢れていて良い。が、どうもこの著者は関係ないとは言わないが、大幅な道草食らうきらいがあり、なんで途中から馬垣勘十郎、来留間三郎、宇名月典善がいちゃついてんだ。興味ねえぞ。ってなるのがなあ。馬垣、宇名月はともかくとして来留間は本当にぽっと出なので海馬に記憶したくもなく……もっとキャラに個性があれば別だがまるでそうでもないのが、つらい。
    弘くんが結局何を最終的に掴んだのかも、シリーズ上書けないのかそもそも書くものがないのか(とここまでくると思ってしまう)、私がこの巻を読み得たことといえば、19歳の弘くんがパシリにされてておどおど可愛かったことだけで、つまり、冒頭数ページだけ読めばよかったかな、という感想です。
    あといきなり伯爵病とか出してきたな。なんやねん。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

龍の紋章 キマイラ青龍変 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする