皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 由羅 カイリ 
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041043127

作品紹介・あらすじ

ある日突然、中華風の異世界へトリップしてしまったメイクアップアーティストの卵・鈴音。助けてくれた髪結師の余暉に連れられたどり着いたのは……妓楼!? 現世で鍛えたメイク術で妓女を相手に大活躍の鈴音だったが、ナゾの役人・黒曜に「皇太后の悪事を暴くために、お化粧係として後宮へ潜入してほしい」と頼まれて――!
美容の技術で異世界無双!? 中華トリップファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 突然飛ばされた異世界で一年以上も一人で頑張って、特技を活かして自分の生きる場所を掴みとる努力が素晴らしい。
    たどたどしい言葉遣いも可愛いです。
    さっぱりとした成長物で恋愛要素は強くないんだけど楽しめました。

  • 終りが唐突だと思ったら続編出たようです。
    異世界転移もので、地味な女の子がお化粧の腕で後宮の陰謀に巻き込まれ…。
    王道の陛下との恋愛成分は中途半端です。

  • 設定としては面白かったけれど、物語の展開が唐突すぎるというか呆気なさすぎるというか…。中盤までは楽しく読めていたけれど、皇太后と皇帝の対決が始まってきたあたりから置いてけぼり感が半端ない。鈴音のメイク術はなかなか面白かったんだけどな。黒曜が相手役なんだけど序盤から出てくる余暉も意味深だしスッキリしないまま終わってしまったのでWeb版も確認してつじつま合わせをしたりしてしまった。文庫版は皇太后に救いがある内容でそちらでは余暉の正体なんかも明かされてました。個人的にはWeb版の方がまとまってるように感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

柏てんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする