ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本

制作 : NHK「ブラタモリ」制作班 
  • KADOKAWA
3.74
  • (6)
  • (11)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041043264

作品紹介・あらすじ

第6巻では2015年度放送の第29~30回、第32~35回の松山、道後温泉、沖縄、熊本での内容を収録。
街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。

本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。
散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。

<主な内容>

第1章 松山
四国一の街・松山はどうできた? 江戸時代の土木工事/商業の中心地だった”湊町”/もうひとつの”港町”

第2章 道後温泉
道後100万人の湯はどうできた? 歴史は縄文時代から!?/”奇跡の地形”が道後温泉を生み出した/明治時代の集客作戦

第3章 沖縄
王都・首里はサンゴでできている? 首里城はサンゴでできていた!?/琉球文化と伝統が今も息づく首里の街を歩く/王家の湧水
那覇は2つある!? オールド那覇/港町の繁栄/ニュー那覇

第4章 熊本
熊本城は”やりすぎ城”? 熊本城に見る”やりすぎ”の守り/古町と新町/街道の仕掛け
”火の国”熊本は”水の国”? 水が湧く理由/城下町の治水/鼻ぐり井手

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熊本、とくに加藤清正のネタは新しい情報が多い。神経質だったのか仕事が丁寧。そのくせ朝鮮では虎退治という二面性。当時の土木・治水技術には驚かされる。

  • やはり熊本が一番面白い。加藤清正は城下街づくりに異能の才能を発揮。現役で活躍中の「鼻ぐり井手」を訪れたい。

  • 桑子さんの最後の巻。これで桑子さんファンになりました。一度テレビで観た話なので少しマニアックでも頭に入ってきます。沖縄にまた行きたいなぁぁ。

  • 第6巻は松山、沖縄、熊本。
    6冊目にして、初めて、どこにも行ったことがない地域だった。行ったことはないが、熊本だけ、唯一仕事で扱ったことがあり、しかも熊本の震災で被害が出る直前に訪れていたことに、少しだけ感傷的になった。
    私が送客したのは、その前年。今でも必死に復興しているのだと思うと、地元の人たちの熱い思いを感じずにはいられない。その後の九州を襲った天災の数々を含め、心から被災地の1日でも早い復興を願う。

  • 松山、道後温泉、沖縄、熊本。どの回にも“城”が出てくる。松山城ができる前の戦国時代には道後温泉近くの湯築城が松山の中心地。沖縄はたくさんの”グスク”。熊本城は4月の地震で大打撃を受ける約1か月前に放映されている。収録はその少し前と思われる。

    社寺も歴史に深く関わっているが、お城も戦さの要塞基地としてだけでなく、その地の政治行政の中心としても関わっている。戦国時代以降の武将は戦さの大将としてだけでなく、土木、治水、町割りなど行政マンとしての能力の高さが現代にまで残っているな~と感じる。

  • 熊本城が壊れる前の姿を見よ!

  • スチルカメラをタモリも購入~道後は最も古い温泉・沖縄は琉球・熊本は清正がやり過ぎ位に城作りに没頭し水も支配した~どれも見たよ

  • 松山・道後温泉と沖縄、熊本をまとめた回。特に熊本は地震の前の取材・訪問だったため、地震前の姿を捉えているという意味でも貴重である。それぞれの街のつくりから外港との関係までよくわかるまとめとなっている。

  • 沖縄の防災研究センターの方のコラムにもあったように、今あるものがずっとあるとは限らないのですね。映像や資料で残しておくのは意義深いと思います。

  • 再放送が無い代わりに本で振り返ることができます。放送された後に熊本で震災があったので、この本で内容を見直して復興を願う思いが強くなりました。。

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
西 加奈子
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本を本棚に登録しているひと

ツイートする