ヒメの惰飯 (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 二階堂幸
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年6月30日発売)
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044179

作品紹介・あらすじ

元オタサーの姫で現アラサーの姫川さんは、怠惰でダメダメな毎日を過ごす日々。でも、唯一ご飯の時間だけは幸せ!女子力?何それおいしいの? カロリーなんて気にしない!意識低い系女子が進む惰飯道、ご賞味あれ!

ヒメの惰飯 (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カロリーはおいしいから仕方ないよね。ホットサンドメーカーのお片付けくらいはしようよ… 意識高い系のひとって、なんであんなにいろんなものに感謝しまくれるんやろ。

  • 生活感を描いただけの漫画

  • ジャンクまみれな食生活は三十すぎてから体にきそう。

  • そばちゃんがおもしろいっていうから買ってみた!
    つか、
    飯物たくさんありますが、
    惰性ご飯ですよ。
    つか、
    ズボラ飯に勝てるかしら?!
    と、
    思ったけど、
    予想よりも惰飯が惰性すぎた?!


    チアシード。。。
    バジルシードの方が好き!
    つか、
    確かに意識高い系って苦手かなぁ。。。
    つか、
    意識の向いてる先がさぁ。。。
    ちょっときもい。。。
    で、
    1話目がチアシードに意識高い系にげんなりした主人公の「姫川基子」が、
    サッポロ1番みそらーめんですよ!
    そして、
    残り汁にチンしたごはん投入って。。。
    問題は、
    主人公の名前が「基子」なんですよねぇ。。。
    ジウか?!
    まったく萌えん!

    2話目にきて牛丼みたいの作ってるよ。。。
    みたいなのね。。。
    しかも、
    おともにジャスミン茶ですよ。
    恋愛運をあげたいのか!?
    残念過ぎる~!

    姫川さん基子のくせに元メイド?!
    つか、
    十川姫子さん懐かしいわぁ。。。
    パンと岩ノリ!?
    で、
    ホットサンドメーカーですか!?
    つか、
    うちにもあったけど使わずにどっかいっちゃったですなぁ。。。
    ちなみにトーストは、
    1・そのまんま
    2・バター+砂糖
    3・あんこ
    の、
    順番でお好みです!

    うわぁー。
    オーガニックのパスタ屋さん1500円なんて無理!
    個人的にはパンチョでOK!
    しかも、
    ナポリタンではなくミートソースな!
    ミートソースは全店ではないらしいから気を付けろ!
    で、
    自作で納豆パスタですかぁ。。。
    納豆って合わないと思ってますが世間的にはどうなの?

    友人の「萩尾なゆ」登場!
    つか、
    小説家さんですか!
    で、
    居酒屋で創作メニューですか?
    男子高生が、
    サイゼリアでオリジナルドリンクを作るように・・・。
    アカン27歳やなぁ。。。

    まぜらー。
    僕もややまぜらーですが何か?
    でも、
    カレーはまぜない、
    つか、
    台湾まぜそばって美味しいの?
    美味しいところ教えて小泉さん!姫川さん!

    バレンタイン!
    意識してる人ほど効果がないってやつですかね?
    姫川さんも昔はモテてたんでしょう?

    コンビニ!
    あまり、
    コンビニつかわなくなったよねぇ。。。
    宅配物とか、
    ガス代の支払いとか、
    あぁ~!
    たまにコインランドリー横にあるセブンイレブンは使う!

    ラストに新キャラ登場で、
    新キャラがまた痛いかんですかぁ。。。
    つか、
    肉を食べたらその3倍の野菜を食うだとう!
    無理!
    焼肉は肉と白飯でがっつりだい!

    2巻につづく?
    って、
    あるけどでないのかな?

全4件中 1 - 4件を表示

ヒメの惰飯 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

二階堂幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒメの惰飯 (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする