入り婿侍商い帖 出仕秘命 (一) (角川文庫)

著者 :
制作 : 浅野 隆広 
  • KADOKAWA/角川書店
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044704

作品紹介・あらすじ

旗本家次男の角次郎は縁あって米屋の大黒屋に入り婿した。ある日、実家の五月女家を継いでいた兄が不審死を遂げる。御家存続と兄の死の謎解明のため、角次郎は実家に戻って家を継ぎ、武士となるが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだあまり読んではいない著者の本ですが、持ち歩きながら読み進めていき楽しめました。
    武家から米屋に入り婿した角次郎は、実兄の不審死により武士に戻り、兄が解きかけていた不正の証拠に迫ります。
    この展開にドキドキしながらも、正義が通るよう願いました。
    不審死については二巻へと続きますので、またドキドキ出来そうです^^

  • 武家と商家の二足のわらじ。バイタリティー溢れるなぁ。
    角次郎は兄の無念を晴らし御家断絶を防ぐため、もう一度腰に二本差しすることに決めた。

    立ち向かうのはいままで以上に大きな闇。一先ず今巻では巨悪の尻尾が掴めた感じ。
    ある意味分かりやすいと言える勧善懲悪物なので安心して読めますが、それでもドキドキしてページを繰る手が止まりません。
    次巻はまだ予約待ち。あー!早く読みたい~!!

  • 2016年8月角川文庫刊。書下ろし。新シリーズ。亡くなった兄の跡を継ぐなんてことができるのか?と心配しましたが、妻のお万季の協力で乗り切って行くさまが素晴らしいです。面白く、次巻が待ち遠しい。

  • 千野隆司さんの入り婿侍商い帖シリーズも№7、新しいステージのシリーズが始まりました。「出仕秘命(一)」、2016.8発行です。ワクワクする感じはないですが、まずまず楽しめそうなシリーズです。

  • 132

全5件中 1 - 5件を表示

入り婿侍商い帖 出仕秘命 (一) (角川文庫)のその他の作品

千野隆司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 まかて
朝井 まかて
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする