山の霊異記 霧中の幻影 (幽ブックス)

著者 : 安曇潤平
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年7月2日発売)
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044742

作品紹介・あらすじ

霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、「死ぬ人の顔が見える」という三枚鏡……。登山者や山に関わる人々から聞き集めた怪異と恐怖を厳しい自然とともに活写する。

山の霊異記 霧中の幻影 (幽ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山で起こった怪異譚の第4弾(かな?) 
    今回は、山に拘らず旅先や宿などでの不思議話も紹介されています。 
    登山での怪談も怖いのですが それ以外の話に印象深いものがありましたね。 
    ・西伊豆の民宿での出来事。子供の視線「ぼくちゃん」、 
    ・登山中に見つけた謎の小屋。そこで行われていたのは?「冬虫夏草」 
    ・山から帰ってこない友に紹介された食堂で供されたものは・・・「三ノ丸食堂」 
    ・彼は遠野駅に戻れたのでしょうか?「河童淵」 

  • 山は神様が住まうとよく言うが、物の怪の住処でもあるようだ。

  • 山に関する怪談集の第4弾。

    「冬虫夏草」は都市伝説なんだけど、得体のしれない部分を持つ山という存在が怖さを増しているように思います。「山の牧場」の怖さも、そこらへんにあると思う。日常と接している山だけど、簡単に知らない世界に踏み込んでしまう怖さ。
    簡単に日常と非日常を行き来してしまう場所という認識が、無意識にあるからこそ何かに呼ばれたとかいう怪談も多いのでしょうね。その認識を植え付けてきたのは「河童渕」のような民話・伝承だったりするのだな。

  • 山は怖いけど、
    なんかスジが通ってる気がする。
    敬うのは当たり前かな〜
    長野生まれが思う山は三千メートル級で
    親しみより崇高さだからかな。

  • 角川のTwitterアカウントが呟いていたので予約してレンタル。
    可もなく不可もなくな印象。
    そんなにすごい怪異という程でもなかったのは少し残念。
    もう少し怖いのを期待してしまった……。
    印象に残ったのは、たまたま入った洋食屋さんの話。
    こちらは少しほんわかとした印象。
    怖かったのは霧の中で見つけた建物の話。
    あれだけは少しゾクッとした。

  • 山に登ったら、気を抜かない。

全6件中 1 - 6件を表示

山の霊異記 霧中の幻影 (幽ブックス)のその他の作品

安曇潤平の作品

山の霊異記 霧中の幻影 (幽ブックス)はこんな本です

ツイートする