青森わが愛 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044759

作品紹介・あらすじ

警視庁捜査一課の日下は、刑事であることを明かさずに書道教室に通っていた。しかし十津川警部から電話が入ったことにより、職業がばれてしまう。すると、過剰な反応を先生が示して……表題作ほか4編収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしの好きな感じじゃなかった。残念。

  • 西村氏の言葉は読み進めし易いです。鉄道が絡んでいるミステリーは、TVドラマを見るようです。
    青森わが愛の終わりは少々あっけなかったような・・

  • 2017/3/30 15読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青森わが愛 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

青森わが愛 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする