ペギーの居酒屋 (角川文庫)

著者 : 喜多嶋隆
  • KADOKAWA (2016年11月25日発売)
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 46人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044773

作品紹介

広告代理店の仕事に嫌気が差し、下町の居酒屋に飛び込んだペギー。持ち前の明るさを発揮し、寂れた店を徐々に盛り立てていく。そんな折、ペギーにTVの出演依頼が舞い込んできて……親子の絆を爽やかに描く

ペギーの居酒屋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても楽しく読了しました。「キャット・シッターの君に。」で出会った喜多嶋隆さんの「ペギーの居酒屋」(2016.11)良かったです。とてもいい居酒屋でした(^-^)おすすめです!

  • 居心地のよい居酒屋行きたくなります。

  • この著者のいつもの展開だが、いつもの葉山、鎌倉あたりがメインの舞台ではなく、千駄木の居酒屋が舞台。居酒屋がいかにあるべきかなど、いつもとちょっとちがう要素がある、さーっと読める。

  • 私は喜多嶋隆の悪者を勇気やアイディアで爽快に叩きのめす姿が好きだ。
    今回はちょっとそれがクドく思えた反面、
    居酒屋という場所、ペギィと女性編集者のサシ飲み、大家さんのアドバイスと、心の中にぽつんぽつんと言葉が染み入り、読後優しい心になれた作品。

  • ベテランの作家さんのようですが、初めて読みました。
    わりとよくあるエピソードで構成されているし、お料理もそんなに出てこないし、いろいろ都合よすぎる気もしますが、軽く読めて面白かったです。
    スッキリした文章は、雑味のなさから来ているのかもしれませんね。

  • ハーフのペギーは、2年間勤めていた広告代理店を退職することを決意。
    なんとなく気になった千駄木の駅で降りたペギーは一軒の居酒屋に足を踏み入れる。
    それが縁で、その居酒屋「休」で働くことになるが……。

    2016年12月1日読了。
    読んでいてふと思ったのは、これまで喜多嶋さんが描いてきたヒロイン像はペギーではなく、ペギーの母親の香澄だな、と。
    これまでのヒロインたちが親になり、その後が描かれているように感じられて、なんだか不思議な気持ちになりました。
    ペギーは今までのヒロインの凜とした部分は受け継ぎつつ、少し女性らしさが増して柔らかくなったというイメージ。
    喜多嶋節を残しつつ、新鮮な感じで良かったです。

  • ある事情で広告代理店をやめ居酒屋を手伝いはじめたペギー

    店を切り盛りするうちにTV出演の企画が持ちあがり
    老舗の料亭が開いた居酒屋と酒肴で対決することになる

    代理店時代の恋人と仕入れ先の魚屋の二代目
    ハワイで暮らす母と腰越に住む祖父母の関係がからみ
    ペギーの人生がうごいてゆく

    喜多嶋隆が居酒屋小説?
    なにこのストレートなタイトルにレトロなカバー!

    心配することなかれ
    千駄木の人情にハワイのテイストと湘南の風がブレンドされた佳品

    読後のカタルシスはいつもと同じかそれ以上

全7件中 1 - 7件を表示

ペギーの居酒屋 (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ペギーの居酒屋 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする