潜航せよ (角川文庫)

著者 : 福田和代
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年5月25日発売)
3.42
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044803

作品紹介

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!

潜航せよ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SLBMを搭載し、何やら不審な状況な中国の潜水艦…そして、何がどうなったのか、本人を知る人が話すと「本人ではない?!」と判る別人に入れ替わってしまっていた安濃…事態はどういうように進展するのか?かなり夢中になってしまった…

  • 「迎撃せよ」に続く、航空自衛官安濃をめぐる話。タイトルが似ているだけではなく、登場人物など世界観は継続。安濃がまた事件に巻き込まれ・・・ 中国の潜水艦の話など、静かに物事が進んでいるのに手に汗握る展開。この次の作品も単行本で出ているらしい。

  • 20160807 037

  • 160807図

  • けっこう大風呂敷だけれど、個人の戦いに絞ってます。
    こういうのはいいです。
    続編に繋がる終わり方なので期待しましょう。
    「ジャック・ライアン」なのか「ジェイク・グラフトン」なのか。

全5件中 1 - 5件を表示

潜航せよ (角川文庫)のその他の作品

潜航せよ (単行本) 単行本 潜航せよ (単行本) 福田和代
潜航せよ (角川文庫) Kindle版 潜航せよ (角川文庫) 福田和代

福田和代の作品

ツイートする