オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI ―ドウセイ―

著者 :
制作 : オリエンタルラジオ 
  • KADOKAWA/角川書店
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044933

作品紹介・あらすじ

《デビュー11周年記念出版》
もし、オリエンタルラジオのふたりが一緒に暮らしていたら……。

「青山さんは、信頼と実績の大変態」中田敦彦
「撮影されているうちに、気持ちよくなった」藤森慎吾
“フェチ写真”の第一人者・青山裕企が撮る、ふたりの新たな表情

「PERFECT HUMAN」が大きな話題を呼んでいる、本年デビュー11周年となるオリエンタルラジオ。
彼らふたりを、『スクールガール・コンプレックス』『ソラリーマン』などで知られる写真家・青山裕企が撮影!
青山ならではのフェチ感で撮る「ふたりぐらしの一週間」。
同性どうしの同棲の、ドキッとするカット満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思わずキュン萌えw
    この写真集は、読者の感性がとても尊重されています。読む人それぞれの気持ち次第で、いろんな方向に想像が広がるのがいいです。
    オリラジの二人にはそもそも何の色気も感じていなかったwのですが、被写体になったとたんこんなにドキッとさせられるとは…びっくりしました。爆笑かと思ってたら、見事にキュンキュンしちゃった…w
    青山先生の撮り方は本当に素晴らしいです。二人の親密さは相方としてずっと培われてきたものだから当たり前なんだけど、そこがいいかんじに出ていて。さりげないんだけど、誰も立ち入ることができない二人だけの自然な空気感!
    何より色っぽい雰囲気の中にも清潔さがあるのが落ち着けます。
    部屋の間取りとか、ちょっとした小物にも神経が行き届いていてすごくステキ。お布団のはしっこでスマホ充電してるのとかも、芸が細かくてww
    なんだかセリフのないラブラブな物語を追っているような気分にさせられました。

    ベランダで戯れたり、ゲームで仲良く遊んだりっていう二人のかわいい絡みから、胸キュンシチュ、そしてボディタッチもあるけど、どれも思わせぶりなイイさじ加減になっていて非常に妄想を掻き立てられます。
    二人の関係とか(シチュエーション上のw)やりとりとかエロ的な事までいっぱい妄想できました←
    青山先生には、これからもこんなエロティック視点でいろいろなコンビ愛を撮ってほしいです!!

    自分の指フェチ度、腐女子度、もしくはHENTAI度を認識するにはもってこいの写真集です!

  • ほんのゲス心で買ってみたが、かなり楽しめる。視線がこっち(読者)にむくものとそうでないものを配置するバランスがそうさせているのか、写真におさめられていない部分を想像させる余白に、ヘンタイを感じる。

  • 上手く言えないのですが――カメラマンの方の追求した世界を楽しませてもらったのはもちろん、あっちゃんの表情が優しかったり可愛かったり、すごくいい空気を作っていて、この写真集を買ってよかったなぁ…と思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1978年、愛知県名古屋市出身。筑波大学人間学類(心理学専攻)を卒業後、写真家として活動。2007年、『キヤノン写真新世紀』優秀賞受賞。著書に『SCHOOLGIRL COMPLEX』『吉高由里子 UWAKI』『ガールズフォトの撮り方』『JK POSE MANIACS』『むすめと!ソラリーマン』『パイニャン』『「写真で食べていく」ための全力授業』『クリエイターのためのセルフブランディング全力授業』ほか多数。オリエンタルラジオ、生駒里奈などの写真集も手がける。サラリーマンや女子学生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。 http://yukiao.jp

「2018年 『祭りの少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山裕企の作品

オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI ―ドウセイ―を本棚に登録しているひと

ツイートする