僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに

著者 : 二村ヒトシ
  • KADOKAWA (2017年7月29日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044995

作品紹介

「モテ」と「性」の伝道師、二村ヒトシが大島弓子、美内すずえなど往年の名作マンガを読み解き、遂には愛に目覚める!?愛し愛されて生きるためのヒントをAV監督と探っていく画期的な書。

僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “大人になるのが「現実を知る」ことだとしたら、
    じゃあ「現実」とは何だろう。
    まあ、じっさいに生きている他者と出会って、
    その心音をちゃんと聴くことだろう。”

    二村ヒトシさん著のご本を読むたびに
    (アイタタタタ…)と
    自分の心の声が聞こえくる
    まったくもって心当たりがあり過ぎる

    キーワードは「心の穴」

    頑なに
    がんじがらめに絡まってしまった糸の
    ほどき方を優しく教えてくれるような
    解決の糸口を見つける手助けを
    してくれているような
    エスコート本

    そのヒントを
    少女漫画を題材に綴られているので
    具体的であり身近に感じられ
    より分かりやすかった

    個人的には
    『ホットロード』と『ガラスの仮面』の章が
    グッときてしまった
    (ちょっぴり涙目になるくらい)

    大好きな作品と言うこともあるのだが
    もう本当に
    ただだだ共感しかなく(厚かましくも)
    分かち合えてしまった歓びみたいなものを
    一人で勝手に感じていた(厚かましい)

    なんていうか
    「自分を苦しめているエゴが緩む」一冊

    そして
    私も魂の奥に雄の仔猫を飼っていて
    その猫は私を愛してくれているンだ
    と悟ることが
    自己受容への第一歩なのかな?て思う

    さいごに
    本書とは少し離れた余談
    「エモい」と
    「エモーショナルである」のちがい絶賛
    自分の右膝を叩きつけたその手で
    ピストルのポーズを作るくらい同意しました


全1件中 1 - 1件を表示

僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのにのその他の作品

二村ヒトシの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田樹
米澤 穂信
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする