暗号クラブ 8 犯人は学校の中にいる!

制作 : ヒョーゴノスケ  番 由美子 
  • KADOKAWA
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041045176

作品紹介・あらすじ

暗号クラブの5人は、研究発表会で、得意な暗号を生かした発表を準備していた。ところが、何者かが暗号クラブの作品を破壊した!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  今回は学校が舞台で、身の危険が迫る、て感じではなかったけど、こういうスタイルもおもしろかった。
     いつも危ない目にばっかり遭ってる話だったら、マンネリだもんね。

     てか、科学研究コンテスト、テーマ選んで、調べたり発明品を作ったりする期間が1週間て……それでみんな、あんなすごい研究するとか、すごすぎね!?
     日本の自由研究みたいなヤツでしょ?
     日本だったら、夏休みの1か月あるのに!
     でも、毎年開催してて、開催日も分かってるなら、本気で優勝狙うなら、もっと前からテーマを決めて研究しておくとか出来そうだけどね。

     てか、次回は、エクスポラトリウムに行くんじゃないんだね。
     日本に行く、て……作者さん、日本びいきなんでしょうかね。
     どんな話なのか楽しみだー。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

児童書作家。2002年に出版した『The Mystery of the Haunted Caves』(原題)は、アガサ・クリスティー賞とアンソニー児童書賞のミステリー部門大賞を受賞した。多くの児童書を執筆し、世界十四か国で出版されている。米国カリフォルニア州ダンヴィル在住。公式サイト http://www.pennywarner.com

ペニー・ワーナーの作品

ツイートする