GOSICK RED (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (10)
  • (11)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 268
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041045954

作品紹介・あらすじ

舞台はニューヨーク! 超頭脳“知恵の泉”を持つヴィクトリカは探偵事務所を開くが、そこに闇社会のボスから危険な依頼が舞い込み――。新展開を迎えた、ダークでキュートな大人気ミステリシリーズ、待望の文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人気シリーズの新章、舞台は新大陸ニューヨーク。ヴィクトリカ、久城のコンビが少し大人びて、しかし二人の関係性などは変わらずに、事件に巻き込まれていく。

    ライトテイストですいすい読めてしますカンジで、ミステリ的にもそれなりに仕上がりになってる。新たなる脅威、敵らしき人物がほのめかされていてシリーズとして続くようであった。

    ん~面白くないわけではない、大きな感動とか、衝撃の展開とか、そういうものはないけどキャラクターが出来上がっているから、その動きだけでファンなら満足できると思う。

    ただヴィクトリカの金髪(今は銀髪)も碧の瞳も、久城の黒き瞳も、ゴシック様式の学園、図書館、街並み、田舎町、それらの中でこそ映えていたんだな~自分的には。
    ニューヨークと二人がマッチしないまま読了、このシリーズ読み進めるかは微妙…

  • まってました。 GOSICK新章! 前シリーズは全巻読んでます。最終巻で、日本で待っていてくれたヴィクトリカと九条君の再会のシーンは泣けました! 新章では ニューヨークで探偵業を営むヴィクトリカと、新聞記者見習いの九条君が やっぱり事件に巻き込まれていく。ヴィクトリカのSっぷりと、九条君のヘタレっぷりが相変わらずで、おかえりと満面の笑顔で読み進めました。 前作同様、過去が暗い影を落としていくことが、予想できますが、大丈夫。2人だったら どんな困難も越えられるはずだから。

  • 舞台はニューヨーク! 超頭脳“知恵の泉"を持つヴィクトリカは探偵事務所を開くが、そこに闇社会のボスから危険な依頼が舞い込み――。新展開を迎えた、ダークでキュートな大人気ミステリシリーズ、待望の文庫化!

  • 発売されてすぐ購入をしていたものの、ずっと積読していて。こうなったら、シリーズ全部文庫化されるまで積んどこうと思っていたのですが、「RED」以降、シリーズが文庫化されないので、読むコトにしました。

    久々に読んだ「GOSICKシリーズ」。「新大陸シリーズ」とのコト。読み進めていて、何だか違和感を感じていて。何でだろう…って思ったので、「旧大陸シリーズ」の最後ら辺をパラ読みしてみたら、解決しました。
    「旧大陸シリーズ」の最後、一弥くんとヴィクトリカは夫婦になってたんですよ。それからの2人が読めるのかと思っていたのですよ。そしたら、その前のお話だった。まだ、夫婦になってなかった。だから、違和感だったんだ…と。
    「新大陸シリーズ」は、そんな2人の夫婦になる過程が読めるのですかね。楽しみです。別にイチャコラしてるワケじゃないんだけど、2人共無意識にラブってるから、そういう2人を見てるとすごくときめきます。
    あと、今回、ヴィクトリカの年齢が分かるような描写があって、そんなお年頃のお話なのね☆と、更にときめいたりしました。

    謎解きもおもしろいんだけど、やっぱりこの2人の行く末が楽しみです。

  • ヴィクトリカが帰ってきた!それだけで嬉しいです

  • 桜庭一樹氏の「GOSICK-ゴシック-」シリーズの新大陸編の第1巻。ヴィクトリカと一弥の物語を再び読むことが出来て嬉しい。舞台を旧大陸のソヴュールから新大陸のニューヨークに移し、私立探偵と新聞記者という2人の新生活がスタートしています。前シリーズのゴシックロマンな雰囲気は薄れ、活気に溢れた街を舞台にしているからなのか、2人がかなりアクティブに動いている気がします。また事件の性質も近代的になっています。ラストに懐かしい名前も出てきて、今後が楽しみです。

  • ゴシックのシックをSICK(病)とさりげなく表してくるあたりさすが桜庭一樹さんだなと感心したりしなかったりラジバンダリ(古っ)「私の男」の花と淳吾ほどには響かなかったが「赤朽葉家の伝説」の赤朽葉毛鞠を彷彿とさせるヴィクトリカに危うく魂を抜かれるところだった。

  • ヴィクトリカはサボりたがりな私立探偵に、久城は新聞記者になったニューヨークでの新章。ギャングたちを殺した犯人探しを瑠璃の幼い息子を人質に要求するマフィアに、暗示をかける心理学者。大統領候補暗殺阻止に動いたことでヴィクトリカに固執する新たな因縁も結ばれたよう。じゃれ合うようないつもの二人が微笑ましい。

  • 前までのシリーズと舞台とかが違うので最初少し違和感がありましたが、2人の会話とか読んでると懐かしい感じがしたし、入り込んでいけました!

  • 普通。ちょっと未消化な感じ。
    新しい印象的なキャラはない。
    旧大陸編のゴシックな雰囲気と、学園ものの良さ・・・それは消え去った。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受け、07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を受賞。08年『私の男』で第138回直木賞受賞。

「2016年 『GOSICK GREEN 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜庭一樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
桜庭 一樹
森見 登美彦
桜庭 一樹
米澤 穂信
ピエール ルメー...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×