うちの執事が言うことには9 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.51
  • (6)
  • (7)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046173

作品紹介・あらすじ

名家の主人ばかりが襲われる事件が発生。被害者の共通点は、謎の人物から従者が「ある質問」を受けていたということだった。犯人の魔の手は、半熟主従な花穎と衣更月のもとにも伸びていて……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回で第一部終了。
    第二シリーズがまもなく開幕するらしくて、どんな感じになるんだろう。
    何年後とか経ってたりするのか・・・?

    花穎に、大学の友達が出来たことを知ってなんとも言い表せぬ嫉妬を持った赤目が可愛かった。
    これまで唯一の友達っていう花穎にとっても自分にとっても特別なポジションだったもんな。
    そりゃ醜い嫉妬心も燃えるわな。
    でも、飲みに行って少し気分が和らいだかな?
    花穎がまた来ようねって約束してくれたあたりで絶対機嫌良くなったはず。
    で、初めて友達と飲みに来たってのもグッときてるはず(笑)
    赤目の嫉妬心に橘が気付いてたのが少し意外だった。
    妹の沢鷹ちゃん以外のことは本当に関心が薄いと思ってたからな。
    案外変化に気付くくらいには赤目のこと見て来てたんだな。

    今回、赤目と沢鷹兄妹との出会いという過去編と現在が交互に語られていくからなかなか読みづらい構成になってた(苦笑)
    1冊使ってくれていいから、過去編は過去編でまとめて書いてくれると良いよね。
    交互に書くのが絶妙に上手い人もいるけど、それは極稀。
    高里さんは多分きちんとそのタイプでは無いだろうな。
    1冊区切りの方が向いてる気がするわ。

    花穎と衣更月の距離がまた少し縮まったかな?
    懐中時計のチェーンを花穎が贈ったことでほんのり仲が更に深まったかなと。

    第二シリーズもこんな感じでほのぼの続いてくれ~。

  • 8.9と一気読み。
    衣更月と花穎の関係もだいぶ近くなって微笑ましい。

  • 相変わらず気持ち悪い作品
    遠回しな表現過ぎて誰が何を言ってるのかわかりにくい
    あと共感できる人が(かえー以外)いなくて理解できないところが多い

    でも、かえーが可愛いから良し
    かえーがドンドン可愛くなっていく

    早くアニメ化しないかなぁ

  • シリーズ9冊目。
    まだ未成年の主人と、経験の浅い執事の話。
    主人が通う大学での事件や、身の回りで起きた事件を解決して行く、一応ミステリ。
    主人と執事の、お互いに思いやる気持ちが生まれて来て、関係がうまくいっているように見える。
    それを分かった上で読むと、発言が面白く感じる。

    ラストの事件はあまり理解できなかった。
    まず事件を起こした犯人の動機が弱い気がする。
    赤目が捕まった描写がわからなすぎて、読み返してもよくわからなかったので、何が起きてるのかよくわからなかった。
    残念。

  • 2017/1/15(日曜日)

  • いつもとは少し変わった時点で綴られる9巻目。
    花穎と衣更月の関係が緩やかに、でも確実に良くなって行っている感じがいい。
    赤目や石漱視点で語られる話や、いろいろな人物が少しづつ登場するのも普段と違うちょっと贅沢な雰囲気でよかった。
    いつも通りの厚さだが、いつも以上のボリュームだったように思う。
    第2シーズンも楽しみ。

  • 183

  • シリーズ最新作。
    次巻から第2期? になるようだ。
    ストーリーがそろそろ大きく動きそうで楽しみ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。

「2018年 『うちの執事に願ったならば 5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うちの執事が言うことには9 (角川文庫)のその他の作品

高里椎奈の作品

うちの執事が言うことには9 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする