おやすみ人面瘡

著者 :
  • KADOKAWA
3.49
  • (12)
  • (16)
  • (11)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 131
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046289

作品紹介・あらすじ

全身に“脳瘤”と呼ばれる“顔”が発症する奇病“人瘤病”が蔓延した日本。人瘤病患者は「間引かれる人」を意味する「人間」という蔑称で呼ばれ、その処遇は日本全土で大きな問題となっていた。そんな中、かつて人瘤病の感染爆発があった海晴市で殺人事件が起きる。墓地の管理施設で人瘤病患者の顔が潰され、地下室では少女が全身を殴打され殺されていたのだ。容疑者は4人の中学生。さらに、事件の真相を見抜いた男は、逆上した容疑者のひとりに突き飛ばされ、机の角で頭を打って死亡してしまった……かと思いきや、死んだはずの探偵の身体に発症した、いくつもの“顔”が喋り始め――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。傑作。
    前作では結合人間という設定とミステリ部分が些か乖離していた感があったけど、本作ではきっちりと一つの物語になっている。
    事件が起こるのは後半になってからだけど、退屈ということは全然なく、むしろページをめくる手が止まらなかったくらい。
    説得力を持ったロジックによって披露されるいくつもの推理が、ひとつの事象から崩されていく快感。特殊設定をこれでもかと活かしたトリック。そして全てが腑に落ちる、それでも気づくことが出来なかった仕掛け。ああ愉しい!

  • うげうげと頭を抱えながら読みました。なんなんだ、これは…
    白井さん、ってほんと、なんでこんなキモチワルイ設定ばかり思いつくんでしょうか。
    けれど、白井さんのキモチワルイ小説たちをいつも読んでしまうのは、このキモチワルイ設定の裏側に本格ミステリがきちんと鎮座しているからで。
    だからうげうげと言いながらも読んでしまうんですよ。キモチワルイの好きな人にも、本格ミステリ好きにも楽しめるうげうげミステリ!

  • ミステリ。SF。
    なんだこの世界は…。この著者の作品はいつも、異様な世界観に圧倒される。
    風俗店の店員・カブと、女子中学生・サラの視点で、交互に物語が進み、次第に繋がっていく構成。
    物語としては、何といっても、終盤の濃密さがスゴイ。頭の整理が追い付かなかった。
    常に、次の作品を読むのが楽しみな作家です。

  • ★4つけるのはどうかと思う程グロいし、嫌な気分になるんだけれど、だまされた感と、読者をうまく引っ掛けることに関してはやはりすごいうまいと言わざる得ないので。

    コアなファンが付きそう

  • 東京結合人間もそうだったけれど、よくこんなグロい設定を思いつくなあというのが正直。ただ、逆に言うとその設定の中にミステリーの鍵が潜んでいるわけで、そう考えると謎は解きやすい。最後は二転三転させようという気持ちが強いのか、無理がありすぎ。結局探偵は何のために出てきたかよくわからないし。

  • グロ系の世界観がよくまとまったミステリー。論外に気持ち悪い世界観をよく考えられるなぁと思う。人が道具として扱われている残酷描写が好きな人でも中々気持ち悪いと感じられるだろう。
    『東京結合人間』と同様、女を凌辱する女というモチーフが出てくるが、筆者の拘りなんだろうか…

  • エログロミステリ。
    人面瘡が体に出来てしまう奇病、それを売り物にする風俗店と序盤はエグい部分も多いが、後半は推理が飛び交うミステリ。人面瘡までが推理を語り始めるのには驚いた。
    エログロも含めて面白く読んだ。

  • 『東京結合人間』に続き、また鬼畜系ミステリーの傑作が誕生したヽ(≧▽≦)ノ

    『結合人間』といい『人面瘡』といい、グロくて、気持ち悪くて、素晴らしい! こんな独創的な設定、よく思いつくなぁ。
    地名や店名、人名の一つ一つが胡散臭く曰くありげで、作品の雰囲気を盛り上げています。こういう細かいところに気を抜かない精神、大好きだ~。

    ラストの謎解きあたりからは、やや急ぎ足な印象で、もう少しタメが欲しかったかも。でも、凄ーく面白かったです!

  • 読む人を選びます。脳瘤とか、こぶとり姉さんとか最初はきついけど、後半は謎解き要素が爆発。
    ミスリードしまくりだけど、アレはやっぱりでした。

  • デビュー作と同様に「タイトルそのままかよ!」
    目の覚めるような異形っぷりも同様。
    しかしアイディア勝ちだなー。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

しらい・ともゆき 1990年千葉県印西市生まれ。東北大学法学部卒業後、会社員。『人間の顔は食べづらい』が第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作となり、同作でデビュー。第二作『東京結合人間』は「2016本格ミステリ・ベスト10」で8位、「このミステリーがすごい!2016年版」16位にランクインし、日本推理作家協会賞長編部門の候補作となる。第三作『おやすみ人面瘡』は「2017本格ミステリ・ベスト10」で5位、「このミステリーがすごい!2017年版」8位にランクイン。他の著作に『少女を殺す100の方法』。

「2018年 『東京結合人間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おやすみ人面瘡のその他の作品

白井智之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする