こどもの城殺人事件 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.57
  • (4)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046418

作品紹介・あらすじ

柳刃包丁に胸を刺されて殺された名門男子高生。彼の死後、優等生の顔に隠された不審な交友関係が明らかになる。その死の理由にたどり着いた時、切ない真実が明らかになり。どんでん返しの青春ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。思春期の少年少女の危うさ、苦悩、そして怖さを丁寧に汲み取っている。一気読みでした。
    あらすじ(背表紙より)
    男子高生の刺死体が、青山の路上で発見された。被害者は近隣の名門校に通う17歳、原田聡吾。美形で成績優秀、評判の優等生だったが、恋人の敷島亜子は、生前に彼が凶悪犯罪に関与していたとの情報を得る。同級生達の証言は食い違い、亜子は聡吾の親友から、警察捜査を妨害するよう指示された。彼は、聡吾は幼い頃に自分と交わした約束を守るため死なねばならなかったと言うのだが…。どんでん返しが冴え渡る、青春ミステリ。

  • なんとか殺人事件といタイトルの本は基本的に買わないのだけど、こどもの城との違和感で購入。
    実際にこんな事やってる賢しい高校生も居るんじゃないかと思う話もあり恐怖を感じる。
    殺人事件そのものは、更に人の心の根深い部分に起因するのだけど、結果、登場する高校生は誰も救われない。

  • "嘘"をテーマにした一冊といって良いのだろうか。
    17歳の高校生達による、薬物、殺人、と同性愛、純愛による苦悩。

    ヒキタクニオ氏らしい、ネタ回しとカメラワークというか視点の運び方。
    セリフが時にVシネ臭いところも散見するが、氏らしさが変わらないので素晴らしい。

    かつて、キレる17歳が社会問題になった時期があったが、昨今のスクールカーストから闇社会へのシフトが鮮明に描かれている。

    誰か、何かを守る為に吐く嘘。
    死して尚、貫こうとする嘘。
    葛藤という言葉がしっくりくる。 『解法少女』に次いで、青少年達を題材にした一冊。

  • 取り調べの状況から真実が分かっていく書き方が珍しい。

  • 高校生というのは、なんとも微妙な時期。
    作品の中心にいる5人の高校生は、普段は行動をともにする仲間同士だが、特異な状況に晒されたとき、それぞれが違った感情を違った形で発露させる。
    そのどれもが、大人にも子供にもない複雑な胸の内を反映している気がしてリアリティがあった。

    ラストは想像していなかった展開だったが、正直そこよりもそれに至る人物描写がこの作品のメインかなという印象を受けた。

    ただ、少年犯罪や仲間内でのいざこざが描かれている部分は読んでいて辛いものがあった。

  • なかなか読み進めても捜査が進展せず、行きつ戻りつ、なのに興奮して、結末は賛否別れる感じですが私は気に入りました。

  • タイトルからは想像出来なかったストーリーと驚くような展開が待ち構えているミステリー。ヒキタクニオが描く若者たちはリアリティがあり、とても創作とは思えない。

    青山の路上で発見された男子高校生の刺殺死体。被害者の名門高校に通う17歳の原田聡吾の身に一体何が起こったのか…原田に関係する同級生たちの怪しい行動の先にあるのは…

    老若男女問わず、如何なる犯罪が起きようと、もはや不思議ではない程に病みに病んだ現代の日本。こうした現実を背景に描かれるミステリー。警察と高校生の知恵比べという見所もあるが、総じて恐ろしさと共に嫌な後味を残す物語だった。

  • 個人的に驚かされたというか、
    うまく言葉で説明できない
    驚きに似た感想を持ってしまう作品でした。
    うう、言葉が見つからない。

  • あれは伏線だったのか そして

  • 題名とは違いダークな感じだ。この作者らしく現代の暗い部分と隠された展開が楽しめた。 2016.12.2

全12件中 1 - 10件を表示

こどもの城殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

こどもの城殺人事件 (角川文庫) Kindle版 こどもの城殺人事件 (角川文庫) ヒキタ・クニオ

ヒキタ・クニオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ヒキタ クニオ
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする