終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#05 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.23
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046586

作品紹介・あらすじ

その日、2番浮遊島は完全に沈黙した。

遺跡兵装(ダグウェポン)モウルネンの真実を知るべく、護翼軍司令本部に忍び込んだ元四位武官フェオドール。
彼の前に立ちはだかったのは、かつての妖精兵ノフト・カロ・オラシオンだった。
昏倒して目覚めない堕鬼種(インプ)を前に、自分の存在がある限り、彼は永遠に救われないのだと知るラキシュ。
「わかってるんでしょう? あなたがそばにいるだけで、あの子は死に近づいていく」
別れを告げた妖精兵の思考を埋めるのは数多の言葉の断片――あの夜の記憶。

アニメで話題騒然!! 涙と希望を受け継いだ、次代妖精による第2部!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 巻が進むごとに登場人物たちの境遇が悲惨なものになっていく本作。この第5巻もその流れは変わらず
    唯一の清涼剤は笑顔で壁を引き開いたお姉さんくらいなもんだよ!……言葉にしてみると意味が判らないね。何だろう、壁を引き開くって……


    この巻で登場人物たちを翻弄するのは遺跡兵装モウルネン。前の巻でちらっと名前が出ていたけど、結局正体は判らないまま。判らないからそれを巡って様々な謀略が張り巡らされる
    それだけではなく、謀略の周りではそれに振り回される人々や関わる者達の想いも渦巻いていく

    特にフェオドールと行動を共にしても正体を明かさないマルゴがあまりに不憫で……
    お互いが大切だから生きていたと知って言葉に出来ないほど嬉しいのだけど、大切な相手だからこそあの頃とあまりに変わり血腥い事に手を染め続けている自分の姿を見せたくないと互いに思ってしまうフェオドールとマルゴ。
    何年も離れていたのに同じようなことを考えている二人はとても似ている。似ているから互いが何故正体に言及しないかも判ってしまう。判ってしまったら相手の意志を尊重するため尚更言及できなくなる。
    そういった描写からは二人が今も強い絆を持っているのだろうと判るのだけど、だからといって正体を明かさずに接するマルゴの様子は見ているこちらとしてはあまりにもどかしいばかり

    また、ラキシュの状態も厳しいものに
    前巻で本来の自分を思い出してしまった彼女はそれでも尚、フェオドールの傍に居ようとする。いずれ消えてしまうつもりでも、その瞬間までは彼の隣で幸せを享受したいと思っていた。けれど、この巻で明かされた事実によってそれも難しくなってしまう
    今のフェオドールを最も理解してくれるのがラキシュであり、同時に今のラキシュを最も理解できるのはフェオドールだった
    相手の思惑を理解できて、その上で自分も相手も幸せにしたいと思う。でも近くにいればフェオドールの負担となって命すら削ってしまう。ならラキシュに取れる方法は一つしか無いわけで
    どんどん悲惨さを増すフェオドールの近くからまたもや彼を理解してくれる人が去ってしまったのはあまりにも寂しい事態だし、ラキシュにとっても辛いこと
    ラキシュに付いていくことを選んだマルゴはその辛さをどこまで埋めてやれるのかな?そしてマルゴ自身も癒されることは有るのだろうか?

    また、謀略とは別ベクトルで今回明かされるのが大賢者の行方。
    前シリーズで重要なポジションを締めていた彼が新シリーズになって音沙汰無くなって、ネフレンの行方も判らなくなってと少しもどかしい気持ちが有ったんだけど、明かされた事情が割ととんでもない……
    大賢者、星神、地神が揃って居なくなり、浮遊大陸群を守る者が居なくなったという衝撃的な事実。
    以前、フェオドールは自分たちが奇跡の上に守られていると気付いていない人達を判らせるために大陸群を落とすんだと息巻いていた。しかし、その実自分自身も守られていると理解しきれていなかった。
    ここに来て、更にフェオドールがまだまだ判っていなかったことが判明してしまう。
    フェオドールが何をしようと2年程度で沈むとされる大陸群。この事実を知った時にフェオドールがどのような覚悟を固めなければならないかが気になってしまう
    また、この事実を知って尚、謀略を張り巡らせているオデッドの真意も気になるね
    話を聞く分には彼女ってフェオドールよりも堕鬼種らしい堕鬼種なんだけど、全く感情がないわけじゃなくて。その点はフェオドールと似ていて、嘘はついて周囲は騙していても自分が思うほど周囲は騙されてくれないという状況。それでも尚、何か恐ろしいことを隠しているから彼女も恐ろしい存在になるんだけど


    この巻では様々な謎が明かされたけど、全てではない。特に過去の闇に潜んだままのモウルネンの謎の全容は見えてこない
    また、主要人物達の内側に潜んだ存在が何故そのように潜んでいるのかという部分も見えてこないまま
    次巻で明かされるだろうそれらが齎すものが果たして希望となるのか、絶望となるのか恐ろしいばかり

  • ジェイドネイル、モウルネン、エルバ、ヴィンクラ、まだ足りないピース。
    どう繋がっていくのか。

    登場料理 鶏肉をほぐし混ぜたパン粥、潰しいも3種、煮た根菜と発酵麦の鍋、野茸の布包み蒸し

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2002年にPCゲーム『Wind -a breath of heart-』のノベライズで富士見ファンタジア文庫よりデビュー。代表作は「銀月のソルトレージュ」(富士見ファンタジア文庫/全5巻)。近年は、PSPソフト『サモンナイト5』(2013年)のシナリオを担当するなど、多方面で活躍。

「2021年 『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#11』 で使われていた紹介文から引用しています。」

枯野瑛の作品

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#05 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×