椎名誠 超常小説ベストセレクション (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047699

作品紹介・あらすじ

“お召し送り”に選ばれた妻……三ヵ月も毎日降り続ける雨……とにかく異常に大量発生した蚊……“盆戻り”で家に帰ってきた亡き母との対面……さまざまな専門家たちがなにかの理由で集められた収容所で、太軸二段式十字ドライバーを片手に脱獄をはかろうとする男……。過去30年にわたって発表された小説の中から著者自らが厳選。SF、ファンタジーの枠に収まりきらない“不思議世界”の物語19編を濃密収録したベスト版!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SF、ホラー、幻想譚、冒険活劇、いくらでもジャンル付けはできるけれど、いずれにしても純度100%のオリジナルな地名、人名、動物、植物、生物、生態、食物、習慣、擬音、から成るその世界観は圧倒的だ。そして豊饒な言葉たち。はまればはまる。でももしかしたら、はまらなければまったく受け付けないかもしれない。
    実に19もの短編が収録されている。好みのものもあればそうでないものもある。正直、好みでないもののほうが多かった。短編集の総合評価は難しい。
    好きなのは「いそしぎ」「雨がやんだら」「猫舐祭」「中国の鳥人」。

  • 椎名誠のSF傑作集。私個人的に椎名さんのSFは初期の頃のほうが最近のものより好きです。特に『雨がやんだら』と『蚊』は最高!今までのベストセレクションにも登場して何回も読んでますが、何回読んでも面白い!

全2件中 1 - 2件を表示

椎名誠 超常小説ベストセレクション (角川文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする