虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.54
  • (11)
  • (32)
  • (31)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047781

作品紹介・あらすじ

錯綜する虚構(フィクション)と現実(リアル)。
妖怪が各地に出現し、荒んだ空気が蔓延する日本で“妖怪狩り”が始まり――。

榎木津平太郎、駆ける!


富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。この国を滅ぼす、と――。妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ、駆逐に乗り出す。世相は殺伐とし、民衆は暴力的となり、相互監視が始まる。妖怪専門誌『怪』関係者は、この異常事態の原因究明のため、村上健司らが入手した呼ぶ子を出現させる謎の石の研究を続けるが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本がとんでもないことになってしまっています……嫌だなあこんな世の中。いいじゃん妖怪くらいいくら湧いたって! 可愛いもんじゃん妖怪なんて。……でも邪神に乗っかられるのはたしかに困る(笑)。
    馬鹿馬鹿しいお話のようにも思えるけれど。事件やなんやが起これば何かに原因を求めて排除しようとする、ってのは現実にもあって、面白くない傾向ですねえ。いつの世の中でもあることかも。なので、こういう風潮になるのは決して絵空事ではないぞ、と思えば恐ろしい話です。妖怪だの幽霊だのの方がよほど平和なのは確かだなあ。
    にしても実在のようなあの人やあの人のキャラが凄すぎて。なんかね、フィクションだと思っていてもそういう印象で見てしまいそうです。

  • 妖怪とはなんなのか、の概念みたいなのが書かれててなるほどなーーと読みながら納得しました。
    妖怪は見えるものじゃなくて現象だし、ただ水木先生みたいな人が絵として実体化というか現象をキャラクターにしたことで生まれたんだなあと思いました。人によって同じ妖怪が違って見えるのが面白いし、実際は何もないっていうのがとても京極さんぽくて楽しかった…あとやんわり震災とか政治のことを言ってるようでいいぞもっとやれと思いました

  • 実体のない妖怪が視えるようになったのは、視る者の改ざんされた脳内画像であり、デジタル記録データも同様だと判明するが、怪異・不思議に対する人々の疑心暗鬼・不寛容さは、妖怪バカの粛清を正当化し、公もそれを黙認する事態に。
    日本妖怪推進委員会や荒俣宏も襲撃を受けるが。。
    荒俣先生が国産ロボット第1号の學天則の付喪神に乗り、妖怪資料の付喪神と行進するのは何ともカッコいい。
    不思議なことはない、分からないことがあるだけという京極先生のブレなさも素晴らしい。
    客観的根拠のない不安・心配や、多様性を認めない不寛容な価値観に基づくヒステリー的な異質への攻撃など、ベースにある世相は現実のもののように思え、そうした風潮への痛烈な批判のように感じられる。
    妖怪者や資料は無事でいられるのか、完結の「急」の巻につづく。
    16-226

  • 妖怪百鬼夜行やら学天則ジャイアントやらクトゥルーやらが入り乱れて滅茶苦茶である。なんというか混ぜると危険。しかし、ここまで滅茶苦茶だと逆にマッチしているというか。遂に水木大先生も乗り出してきたが、妖怪推進委員会は黒幕を倒すことができるのか。乞うご期待。
    自分を小説の中に出す作家はたまにいるが、本作はまさに本人として描いている。ものすごく卑下するのも、持ち上げるのもどうかと思うが、なんとなく読んでいてむず痒いというか。

  • 「序」を読んでもう1年以上経ってしまっている!というわけでそちらを読んでから一気に「急」へと急ぐ。

  • まさかのクトゥルー。ああーもしこの作品内に自分がいたら信者として合流したい。いや別に信者じゃないけど。そもそも詳しくないけども。

  • 3.5

  • どんどん迫害されてゆく妖怪好き達の行く末を気にしつつ、それでも全然悲壮感のない様子にニヤリとしながら読み進められます。どんな状況でもブレない面々が最高です。最終的にどう決着をつけるのか、それともつかないのか(笑)、次巻を楽しみに出来る読書っていいですね。

  • アニメやマンガを叩く人間が今度は妖怪を叩いてる、という話は「なるほどなあ」と思った。

    アニメオタクやマンガオタクが害とされる理由の一つは、実在しないようなものに入れ込んで国民の義務を果たさなくなる恐れがあるからである。

    そして妖怪を本気で信じる人間も、実材しないものをあるかのように捉え、時として他者や村(国)に害をなしたり何かから逃げたりするという点では同じなのだ。

    だからオタク文化が嫌いな人間は、人間を妖怪バカにする妖怪が憎くなるのだろう。

  • どんちゃん騒ぎになって来ました。一人ひどい書かれ方をされています。一人じゃないか。

全40件中 1 - 10件を表示

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)のその他の作品

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
米澤 穂信
京極夏彦
京極 夏彦
京極 夏彦
京極 夏彦
米澤 穂信
京極 夏彦
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする