まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス)

制作 : ひらりん 
  • KADOKAWA (2017年11月4日発売)
4.43
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 42人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047972

作品紹介

独自の発達を遂げた日本のまんがは、一体いつ、どうやって生まれたのか?豊富な資料を駆使し戦中、戦前まで遡って日本まんがのルーツを紐解くサブカルチャー研究コミック。まんがを読んでまんがを知ろう!

まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 想像していた内容と全く違った。

    手塚治虫以降現代までの漫画の歴史をダイジェスト的に漫画でやわらかく説明するものを想像していたが、手塚以前を中心にした漫画の歴史を学ぶための「学習漫画」だった。

    小学校の頃、よく学習漫画を読んで、漫画と違ってつまんないなと思っていたが、この学習漫画は面白かった。

    この学習漫画が取り扱うのは戦時中の話が大部分。
    戦時の影響を漫画はどのように受けて、最終的に手塚治虫を代表するストーリーマンが生まれたか、が非常にロジカルに書かれている。

    まず、あまり知らなかった戦争中の漫画の時代背景を理解できることに興奮した。
    ディズニーの影響、戦時中の日本の思想取締の影響、大正時代の芸術の影響。のらくろの原作者の田川水泡が対象時代の前衛アーティストだったなんてのも知らなかった。

    日本初のアニメからの手塚が受けた影響、その手塚からトキワ荘グループや劇画グループが受けた影響。いままで点として知っていた情報が線でつながっていく快感がこの本にはあります。

    しかし「おたく」の研究力はすさまじい。

  • 大塚英志による日本マンガの歴史をまんがで解説した本。
    大塚説では、現在の日本マンガの起源は鳥獣戯画ではなく、ミッキーマウスと、少女マンガについてはミュシャとしているところが非常に興味深い。それらを原典の画像も引用しながら説得力のある論理で説明しているので、非常に納得感が高い。マンガ好きには必読の書である。80年代以降のマンガについての考察をする続巻を強く期待する。

  • 最初は鳥獣戯画~手塚~現代程度のことが書いているのだろうと思い軽く詠んでみたけど、全然本格的に漫画の歴史がかかれている。漫画における時代背景、戦時中のプロパガンダ、ファシズム下の思想、歴史の中で漫画がどういう役割を持ちどうやって表現を広げてきたかが詳しく書いている。手塚漫画が好きな人、漫画が好きな人は是非読んで欲しい。現代における漫画はどう時代に流れて行くのか30年後に見たときどうなるのか考えが深くなる本でした。

全3件中 1 - 3件を表示

まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス)のその他の作品

ひらりんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本谷 有希子
ジョン・アガード
村田 沙耶香
ヨシタケ シンス...
羽海野 チカ
恩田 陸
矢部 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス)はこんなマンガです

ツイートする