極道の淫らな挑発 (角川ルビー文庫)

著者 : 中原一也
制作 : 桜城 やや 
  • KADOKAWA (2016年11月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041048559

作品紹介

亡き姉の一人息子・一翔と暮らす優の元にある日、夜の雰囲気を持つ極道・鷺谷が現れ、一翔が実は鷺谷の属する組の組長の隠し子だと告げてきた。知らぬ間に一翔に高級品を買い与え懐柔しようとする鷺谷に優は反発するが、ならば一翔に既に使った金の返済を「躰で払え」と非情に迫られてしまう。無理矢理自分を抱く鷺谷に必死で抗う優。けれど、自分にピアノを与え、諦めたはずのピアノへの情熱を掻き立てる鷺谷のふと見せる優しさに、鷺谷に惹かれるのを抑えられなくて――。

極道の淫らな挑発 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3.4
    お互い、何にどこに惹かれたのかよくわからなかった。あんなひどいことされて、してたくせに恋愛に発展したのが解せない。隠し子騒動も結局解決しなかったし、なんかモヤモヤが残った。ヤクザと一般庶民の2人に明るい未来想像できないなー。

  • 中原さん初ルビーです。ヤクザ・鷺谷×リーマン・優。亡き姉の息子・一翔と暮らす優、実は一翔が鷺谷の組の組長の隠し子と分かり… サックリしてるのはルビーだからかって思ってしまう。一翔に跡目を継がそうとするのは一旦棚上げされただけなので今後が気になるけど続かないか… ちょっと一翔が危機感なさそうで心配かも。

  • 良いエロス、さすが中原一也先生。
    極道×苦労性の会社員
    中原先生の書かれる極道はなんでこんなに色っぽいかなぁ〜桜城やや先生のイラストももちろんだけど、文字の力がそれを超えて男前感が出てる気がする。受けの優とともにメロメロになりました。
    しかし、極道のエゲツなさもちゃんと書いてあってちょっと心痛くなったよ。
    最後はハッピーエンドなので、ご安心を。
    でも、ちゃんと終わってない気がする。一翔もなんかなりそうだし、津村さんや喜一くんもなにかなりそうだし、シリーズ化だな!シリーズ化だよな!そうなったら嬉しいなぁ〜
    早く鷺谷さんのもとに優が嫁ぐといいな(*'▽'*)

全3件中 1 - 3件を表示

極道の淫らな挑発 (角川ルビー文庫)のその他の作品

中原一也の作品

極道の淫らな挑発 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする