水木しげるの妖怪人類学 (角川文庫)

著者 : 水木しげる
  • KADOKAWA (2016年10月25日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049112

作品紹介・あらすじ

目には見えないが、そこに確かに存在する何か。日本ではこれを妖怪と呼ぶが、その正体を明らかにする研究こそが「妖怪人類学」である。自ら設立した世界妖怪協会で、この研究活動を晩年のライフワークとした水木しげるは、日本と世界を旅して各地の〈目に見えない存在〉の渉猟に励んだ。その研究成果の粋を集めた本書には、各誌で掲載されたフルカラーの妖怪絵79点と解説編を収録。水木ファン必携の1冊。

水木しげるの妖怪人類学 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品には作者が戦争中ジャングルで出会った怪をはじめ、日本の妖怪だけでなく世界の妖怪がたくさん紹介されている。この年になって初めて聞いた妖怪がいっぱいで、子供の時のワクワクを久しぶりに感じながら読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

水木しげるの妖怪人類学 (角川文庫)のその他の作品

水木しげるの作品

水木しげるの妖怪人類学 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする