俳句の図書室 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.29
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049341

作品紹介・あらすじ

気鋭の俳人が、数ある名句の中から読むべき句をセレクト。俳句の読み方を知る入門書。十七音の組み立て、季語の取り入れ方、情景の写し方。読めば句作が楽しくなる。巻末に又吉直樹との語り下ろし対談収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俳句にも昔から興味があったので買ってみました。
    知らなかった句もいっぱいありました。
    丁寧に解説してくれているので、とても分かりやすかったです。
    あえて言うなら、解説の際の自分語りが少し多いかと。。

    気に入ったもの
    ・蟇誰かものいへ声かぎり 加藤楸邨
    ・狡る休みせし吾をげんげ田に許す 津田清子
    ・おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒 江國滋
    気になった歌人
    橋本夢道さん

    ちょっと勉強していこうと思います。

  • 第一閲覧室から第三閲覧室に分類されていて、それぞれ季語・技法・暗唱について説明されています。読みやすい。老眼の眼にも優しい。そして面白い。

    万緑の中や吾子の歯生え初むる  

    教科書で見かけてすごく好きだった記憶が…。とても懐かしくなってしまいました。
    たった17文字なのに、さまざまな世界が広がっていて俳句って本当に奥深い…と、ため息が出てしまう。

    カドフェス⇒立ち読み⇒つい購入。
    2018年積読本消化39冊目。

  • 五七五の十七音の調べ。それは世界で一番短い詩・俳句。句を読んだ時の背景や作者について、季語や技法を知ることでより趣深く俳句が鑑賞出来るはず。わかりやすい解説で近代から現代俳人の幅広い作品をやさしく読み解く初心者におすすめの一冊。

    昔から短文詩が苦手だったのですがそれでもきちんと俳句について教養を深めたいなあと思っていた昨今、偶然本屋さんでこの文庫本が目につき購入。一句につき2ページでの解説でさくさくと読めるのもいいですし、文学に触れること自体も初めてだよという方向けに本当にわかりやすくやさしく書かれているのも印象よかったです。せいぜい子規や虚子や山頭火と授業で知った俳人くらいしか知らなかったので、知らない現代俳人がいっぱいでこんなにいっぱいいるんだなあと驚きでした。又吉さんとの対談もよき。

  • 漫画「ほしとんで」の俳句監修の方の本なんだ!と思って読んでみたら、すごく良かった。日本語の美しさ面白さをしみじみ味わう。

  • とても読みやすくて、分かりやすく丁寧に書かれていて、俳句初心者にはうってつけだった。
    技術面について、項目ごとに必要なことが書かれていて、分かりやすかった。
    鑑賞について、ただ句だけポンと出されても分からないところを、さらっと鑑賞の手引きみたいなことが提供されていて、俳句を読むときの手がかりになった。見開き1ページ、もしくは半ページで1句ずつ紹介されている形式も、読みやすかった。
    全体的に「俳句はこうあるべき」みたいな押し付けがましさがまったくなくて、必要な技術と著者のオススメ俳句を教えてもらった感じ。好感触な読書だった。

  • 読めなく意味のつかめない漢字が沢山あった.鞦韆,紫雲英等々.月の名前が十五夜,十六夜,立待月,居待月と続くなんて,素晴らしい感覚だと思った.各俳句の解説が,非常に読みやすいし,分かりやすい.言葉を選ぶには,言葉を知らなければならないと感じた.「技法」の章もくどくどした説明がないのが良かった.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1974年和歌山県生まれ。國學院大学卒。俳句結社「河」の編集長を3年務めた後、2010年に俳人として独立。千野帽子氏、長嶋有氏、米光一成氏らとともに世界初となる句会ライブイベント「東京マッハ」に参加。2011年に俳句総合誌「俳句界」が設立した第2回北斗賞。13年に句集『熊野曼陀羅』で第36回俳人協会新人賞。15年に第11回日本詩歌句随筆評論大賞。15年に平成27年度 和歌山県文化奨励賞。共著に『芸人と俳人』

「2017年 『俳句の図書室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

俳句の図書室 (角川文庫)のその他の作品

俳句の図書室 (角川文庫) Kindle版 俳句の図書室 (角川文庫) 堀本裕樹

堀本裕樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
宮下 奈都
村田 沙耶香
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

俳句の図書室 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする