天地雷動 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.85
  • (4)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049396

作品紹介・あらすじ

信玄亡き後、戦国最強の武田軍を背負った勝頼。信長、秀吉ら率いる敵軍だけでなく家中にも敵を抱えた勝頼は……。かつてない臨場感と震えるほどの興奮! 熱き人間ドラマと壮絶な合戦を描ききった歴史長編!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長篠の戦いに至るまでの経緯につき、人間関係や登場人物の思考などが良く表現できていると思います。

  • 信長が死んだ後の、かつての戦国最強軍団・武田家vs織田・徳川連合軍の、天下分け目の戦い描いた作品。武田・織田・徳川・秀吉 それぞれの組織の作り方がすごく勉強になる。信玄は強かったけど強すぎて二世がうまく育たなかったんだなあ。徳川は、強さ(カリスマ性)より人の良さで上に上り詰めたんだなあ。とか。

  • 元々織田信長が読みたくて買ったのですが、織田信長の周りの武田勝頼、徳川家康、豊臣秀吉、および地侍帯刀各々の目線で、長篠の戦いまでが描かれています。私はあまり歴史ものを読んだことが無く、また歴史自体も恥ずかしい理解レベルですので、「え?そうだったの?」とか「へえ、そうだったんだ!」と思う箇所が多く、とても楽しめました。特に武田信玄が亡くなった後の武田家については全然知らなかったのだなあと。同じ著者の方が書かれた「武田家滅亡」も読みたく思っています。

  •  勝頼・家康・秀吉、そして「宮下帯刀」の四つ視点から長篠合戦を描き出す骨太作品。伊東さんの長編はいつも前半を読むのがなかなか大変ですが、中盤からクライマックスにかけての盛り上がりに飲み込まれます。三段撃ちのシーンへの持って行き方が巧すぎる……!
     有名どころ三人それぞれの性格や苦労・苦悩の違いも見どころですが、この面々の中では異色の帯刀視点でのエピソードが、一番心に残るものがありました。

  • 大好きな伊東さんの本をようやく読めました。


    金曜日の夜と土曜日の朝で一気読み。

    相当読書に飢えてました。



    舞台は武田信玄の死から長篠の戦いに向かう2年ほどの期間。



    武田勝頼、徳川家康、羽柴秀吉

    この3人の視点で物語が展開します。



    時代の中では、信玄の死から長篠の敗戦までの武田家滅亡への軌跡

    は必然のように思われていますが

    決してそんなことをなく、家康が滅亡を意識したほどに勝頼に追い詰められた場面もあり

    それゆえに長篠の戦いというのが、いかに重要なターニングポイントになったかが

    この本を読むと気づかされます。

    伊東さんお得意の合戦シーンも臨場感たっぷりでおもしろいですが

    それまでの2年間の攻防、信長や信玄への畏怖

    そういう入り混じった感情の表現がとってもよくてとにかく一気読みでした。

    おもしろい!

    こういう歴史小説に出会えるのは本当に幸せです。

  • 170329図
    武田家滅亡、北天蒼星上杉三郎景虎血戦録

  • 長篠合戦の前夜。登場人物のそれぞれの運命がいかにして決定づけられたか、興味深い。
    緻密に寝られた戦略の賜物か?
    それとも偶然の産物か?
    天下分け目の決戦!

  • 『天地雷動』は、よく知られている戦国時代の合戦と言い得る「長篠の戦」の裏表が多面的に描かれ、一軍の将から、兵站担当者、前線の兵というような多層的なドラマが展開する作品である。なかなかに面白い!!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じる。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『黒南風の海‐‐加藤清正「文禄・慶弔の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説大賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と第1回高校生直木賞、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞。『城を噛ませた男』『国を蹴った男』『巨鯨の海』『王になろうとした男』『天下人の茶』で5度、直木賞候補に。著書に『武田家滅亡』『天地雷動』など多数。

「2017年 『幕末雄藩列伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天地雷動 (角川文庫)のその他の作品

天地雷動 (角川文庫) Kindle版 天地雷動 (角川文庫) 伊東潤
天地雷動 (単行本) 単行本 天地雷動 (単行本) 伊東潤

伊東潤の作品

ツイートする