随筆集 一私小説書きの独語 (角川文庫)

著者 : 西村賢太
  • KADOKAWA (2016年11月25日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049501

作品紹介

雑事と雑音の中で研ぎ澄まされる言葉。半自叙伝「一私小説書きの独語」(未完)を始め、2012年2月から2013年1月までに各誌紙へ寄稿の随筆を網羅した、平成の無頼作家の第3エッセイ集。

随筆集 一私小説書きの独語 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色々なところに書いた文章を寄せ集めたもの。寄せ集めにも程があって、別に一々改めて活字にして出版しなくてもよいような類の広告文なんかも入っていて、そういうのに当たると少々やりすぎじゃないかと思う。
    ただ、著者の文体は本当に面白くて、なんとなく文体だけでつらつらっと読まされてしまう。
    ただ、ほんとにどうでもいい話ばかりなので、読み終えて特に何も残らない。ただ楽しかったというだけ。

  • 『小説にすがりつきたい夜もある』を読もうと思っていたのですがすでに単行本で読んでいて改題したものだったので、こちらを読むことに。
    最近西村賢太作品はあまり読んでない。文庫で積ん読もちらほらとある。読まないとなあ。
    文庫解説とかあとがきとかを再収録するのはページ数稼ぎじゃないですかねえ。あとこの薄さでこの価格なのはいかがなものか。

  • 文庫化されたので再読。
    この薄さでこの値段にびっくり。よほど売れないと考えているのか。

全3件中 1 - 3件を表示

随筆集 一私小説書きの独語 (角川文庫)のその他の作品

西村賢太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
マリオ バルガス...
西村 賢太
又吉 直樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

随筆集 一私小説書きの独語 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする