いぬの日 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : 西島 大介 
  • KADOKAWA
4.17
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049518

作品紹介・あらすじ

わたしの名前はヒメ。家族はわたしを「犬」って言う。
でも「犬」って何? 

飼い主一家に愛されず、孤独をかみしめるスピッツ犬のヒメ。
流星群の夜、不思議な石を舐めて驚くほどの知能と人の言葉を得た彼女は、
一家の末っ子、雅史を支配下に置いて……。

飼い犬たちの暴走、町に響く遠吠え、巨大な犬の影、
そして続発する猟奇殺人。
史上最高にキュートでおぞましい「犬のカリスマ」ヒメ登場。
彼女が命を懸けて欲したものとは。

蟹と人との「泣けるホラー」が話題となった著者が、同じ世界感で描く、
犬と人との「泣けるホラー」。

犬を飼ったことのある貴方、そしていつか犬を飼うかもしれない貴方に読んで欲しい一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬たちは本当にこんなことを感じたり考えたりしているのではないかと、うちの子との関係も改めて考えさせられた。
    暴走するヒメちゃん、家族を恨む気持ちはわかるけど、もうそれ以上怒りに身を任せないで!と祈るような気持ちになる。犬と飼い主との関係、ペットショップの問題、殺処分の現状など、いろいろな問題提起をしていて、単なるホラー小説ではない、社会派小説の一面もある。

全1件中 1 - 1件を表示

いぬの日 (角川ホラー文庫)のその他の作品

倉狩聡の作品

ツイートする