記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049570

作品紹介・あらすじ

2011年3月11日、一人の新聞記者が死んだ。福島民友新聞記者、熊田由貴生、享年24。福島県南相馬市で津波の最前線で取材をしていた熊田記者は、自分の命と引きかえに地元の人間の命を救った。その死は、仲間に衝撃を与えた。それは、ほかの記者たちも同じように津波を撮るべく海に向かい、そして、生命の危機に陥っていたからである。なかには目の前で津波に呑まれる人を救うことができなかった記者もいた。熊田記者の「死」は、生き残った記者たちに哀しみと傷痕を残した。取材の最前線でなぜ記者は、死んだのか。そして、その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。非常用発電機のトラブルで新聞が発行できない崖っ淵に立たされ、さらには放射能汚染で支局も販売店も避難を余儀なくされた福島民友新聞を舞台に繰り広げられた新聞人たちの壮絶な闘い。「命」とは何か、「新聞」とは何か、を問う魂が震えるノンフィクション――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 門田隆将『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』角川文庫。

    門田隆将の描くノンフィクションは人物描写の上手さ故、登場人物の息遣いを感じると共に様々な風景やシーンを容易に思い描くことが出来る。あの未曾有の大災害、東日本大震災と真っ向から向き合った地方新聞の記者たちの闘う姿を描いた本作も、まるで映画を観るかのような臨場感のあるノンフィクションであった。

    『紙齢をつなぐ』ため、何としてでも多くの人びとに情報を伝えるという新聞社の使命のもと、命懸けで大震災の渦中に飛び込んだ記者たちの姿…救えなかった命、守れなかった命…

    余りにも壮絶な闘いと結末に、目頭が熱くなった。

    福島第一原発事故の被害が大き過ぎたためか、福島の沿岸部の津波被害は余り知られていないように思う。巻頭に収録されている記者たちが命懸けで撮影した被災地の写真は初めて見るものであった。

  • 〈私たち福島県民にとって、これまでに経験したことがない、想像を絶する揺れだった〉


    2011年3月11日。東日本大震災。最初の激震のあと、当時福島県浜通り地方に点在する福島民友新聞社の支局に勤務していた記者たちは取材のために海に向かった。相馬、鹿島、浪江、小名浜……漁港や海岸に到着した彼らに想像を絶する大津波が襲いかかり、ひとりの若い記者が消息を絶った――。

    記者たちの目の前で、大津波は港を、町を、人々を次々に飲み込んでいった。そして記者自身も、支局をも。
    その惨禍を生き残った記者と、帰ってくることができなかった記者。誰かを救うことができた記者と、救うことができなかった記者。彼らの明暗を分けたものは何だったのか。

    一方、福島県中通り地方、県庁所在地でもある福島市内にある福島民友新聞社本社は、地震による停電で、新聞記事を作成するためのシステムも、各地に散る記者たちから文章データや画像を受け取るネットワークも失っていた。
    支局と本社の間を、人を直接行き来させることでつなごうとしても、土砂崩れや地割れによって寸断されている道路も多々ある。
    3月12日の朝刊の発行が危ぶまれる、非常事態であった。

    “紙齢をつなぐ――”
    紙齢とは、新聞が創刊以来出し続けている通産の号数を表すものである。これをつなぐことは、新聞人の使命ともいうべきものである。

    大震災、津波、原発事故と続く複合災害によって、浜通り地方では、新聞社支局、新聞販売店、そして読者が被災者となり、販売地域が消えるという前代未聞の事態に陥った。地方紙の中でも有数の存在である、創刊百年を超える福島民友新聞社。その存続の危機と、難局に立ち向かった新聞人たち。
    しかし記者はである前に人間だった。誰かの息子であり、夫であり、父親であり、友人であった。そして最後まで記者だった。これからも、記者であり続ける。
    編集者、配達員、その家族たちの姿を追うノンフィクション。

  • 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県に本社を置く福島民友新聞。地震、津波、原発災害と立て続けに大きな被害が出た地域の地方新聞は停電や原発災害による避難指示で新聞の発行さえも危ぶまれる状況となりました。そんな逆境の中、地震翌日の3月12日に地震被害を伝える福島民友新聞は発刊され、しかも驚くことに既に住民の大半が避難した地域に配達までされました。避難指示が解除となったとき、自宅に戻った住民の方が目にしたのは、被災翌日に自宅の郵便受けに配達されていた3月12日付の福島民友新聞だったのです。3月12日付の朝刊を配達するに至るまで、記者やデスク、そして配達員の方がどのように”あの日”を行動したのかを追うノンフィクションです。当たり前のように私たちの手許に毎日届く新聞ですが、それを支える人たちの心意気が伝わってくるノンフィクションでした。

  • 福島民友新聞記者たちの怒濤の記録。
    津波で人の命を救って亡くなった記者、おじいさんと孫を救えず今も罪悪感に悩まされる記者。生き残った人たちにも震災は今も苦しめ続ける。震災を生き延びても、その後亡くなった記者もいる。紙齢を絶やさないという執念と何が起きたか伝えねばならない使命感のすさまじさ。16、17章は目頭が熱くなるのをおさえられなかった。
    おじいさんと孫を救えず苦しんでいる記者が今も続けておられたらいいのだが。福島民友新聞の記事を読んでみたい。
    本書の読後は背筋を伸ばさずにはいられない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。政治、歴史、司法、事件、スポーツなど幅広いジャンルで執筆。2010年『この命、義に捧ぐ――台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞を受賞。主な著書に『甲子園への遺言――伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)『なぜ君は絶望と闘えたのか――本村洋の3300日』(新潮文庫)『死の淵を見た男――吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)などがある。

「2018年 『敗れても 敗れても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (角川文庫)のその他の作品

門田隆将の作品

ツイートする