怪しい店 (角川文庫)

著者 : 有栖川有栖
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
3.60
  • (9)
  • (27)
  • (20)
  • (4)
  • (2)
  • 242人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049600

作品紹介

推理作家・有栖川有栖は、盟友の犯罪学者・火村英生を、敬意を持ってこう呼ぶ。
「臨床犯罪学者」と。

骨董品店〈骨董 あわしま〉で、店主の左衛門が殺された。
生前の左衛門を惑わせた「変な物」とは……。(「古物の魔」)ほか、
美しい海を臨む理髪店で火村が見かけた、
列車に向かいハンカチを振る美女など、
美しくも恐ろしい「お店」を巡る謎を、
火村と有栖の名コンビが解き明かす。

火村英生シリーズ、珠玉の作品集が登場。

怪しい店 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 様々な店で起こった事件を、火村とアリスが解決していく、作家アリスシリーズの短編5編。

     各短編、安定した出来。事件も殺人事件一辺倒ではなく、ひねくれた店主がいる古本屋での万引き事件だったり、火村が旅先でたまたま寄った理髪店の出来事だったりと、バラエティーも豊かです。

    「古物の魔」は骨董品屋で起こった店主殺人事件の話。この話のポイントは、なぜ犯人は死体を遠くまで捨てに行かず、すぐに見つかる押し入れに隠したか、ということ。火村いわく「犯行を完全に隠してしまうのではなく、発覚を少しだけ遅らせたかったかのよう」とのことですが……

     犯人の動機と、犯行の発覚を遅らせたかった理由、タイトルの意味も相まって、哀愁の漂う印象的な短編です。

     表題作の「怪しい店」は、人の悩みや愚痴を聞く聞き屋の女店主の殺人事件の話。

     犯人指摘までの軌跡がユニーク! ロジックの転がし方が相変わらず素敵だな、と感じた短編でした。

     この場合犯人というのか微妙ですが、古書店の万引き事件を扱った「燈火堂の奇禍」は、本好きにはいろいろ考えさせられる短編でした。

     店主は本を買おうとした客に対し、「本当にその本が必要だと思うなら10日後にもう一度買いに来い」、と言います。

     積読がたまりつつも、ついつい衝動的に本を買う自分にとっては、ちょっと耳が痛い……。でも、その場で買わないと、もう買えないかも、と思うと、店主には「見逃して下さい」という気持ちになります。

     話を読んでいると、この本の登場人物の一人も、そんな気持ちだったのではないかな、と悪いことをしている人ながらも、少し同情的になってしまいます。

     火村の旅先での理髪店の出来事を描いた「潮騒理髪店」は、火村と理髪店店主のやり取りがとてもいい雰囲気。また火村とアリスのやり取りも思わずニヤリとさせられました。


     以下、私事でつらつらと。
     4月から社会人になり、時間的余裕が減り、本や映画に触れる機会も減っていたのですが、年明けから、徐々に本を読みたい欲が戻ってきました。

     そこで、手に取ったのが、高校時代からお世話になっている火村・アリスコンビが活躍するこの本。自分も自分の周りの環境も変わっていきますが、そんな中で、この二人のやり取りは、昔も今も変わらず、読んでいてなんだか懐かしさと、不思議な感動がありました。それは久しぶりに、友人に会ったような感覚かもしれません。

     長期シリーズを読む楽しさというのは、こういうところにあるのかもしれません。少し離れていても、前と変わらぬ雰囲気で迎えてくれるのです。

     この二人には、これからもお世話になるのだろうな、と改めて思った一冊でした。

  • 犯罪学者火村英生シリーズ短編集。
    店に因んだ5作。
    潮騒理髪店が印象に残りました。冒頭、理髪店が出てくる作品名をいくつか挙げられていて、そちらも読んでみたいと。
    名作家は、名著の案内人でもあるのですね。眼福。

  • 火村とアリスのコンビシリーズ。
    短編連作で、全て特徴のある「お店」が舞台。
    殺人事件から、事件と気づかない不思議な出来事まで、毎度のように火村が謎を解いていく。
    表題の「怪しい店」はラストに収録されているが、すべての話が怪しい店である。
    何屋さんかわからない「怪しさ」や、品揃えが変わらないぱっと見惹かれない骨董品屋さんなど、いろいろな店が出て来て、その店に関係する事件で面白い。

  • 作家アリスシリーズ#22

  • *
    __________________________
    『怪しい店』有栖川有栖
    __________________________
    作家アリスシリーズの「店」にまつわる短編集。
    安定の面白さ。
    そして、安定の火村先生の格好良さ。
    *
    アリスと火村先生の掛け合いがやっぱり面白いよね。
    *
    *
    *

  • 「古物の魔」
    「燈火堂の奇禍」
    「ショーウィンドウを砕く」
    「潮騒理髪店」
    「怪しい店」

    読むのがきつかった。
    東川篤也の解説しか面白いところがない。

  • 「店」を巡る謎を推理作家・有栖川有栖と盟友の犯罪学者・火村英生が解き明かす、5つの短編。火村英生シリーズは初読み。
    5つの店は、骨董品店、古書店、ブティック、理髪店そして、最後は・・・
    期待した割には、謎も大したことなく、火村&有栖のコンビも愛着がわかなくて、石持浅海の座間味君と大迫警視正のコンビようにはいかない。
    このシリーズはもういいかな・・・

  • 短編集。
    ▼ショーウィンドウを砕く
    物語の語り手を犯人自らが行っている。
    会社の経営が上手く行かず、資金繰りも行き詰まりつつあった夕狩は恋人を殺害してしまう。
    恋人から自宅の鍵を失くしたと連絡を受けた夕狩は、そのことを利用しようと思いつく。
    翌日、強盗の仕業に見せかけて夕狩は凶行に及ぶ。
    物語の中に出てくるショーウィンドウは、子供だった夕狩にとって憧れの象徴だった。
    ショーウィンドウの向こう側にあるものは、いつも眺めるだけの存在。
    どんなに欲しくても自分が手に入れることはない。
    町中のショーウィンドウを片っ端から叩き割っていく夢は、夕狩の潜在意識が見せたものなのだろうか。
    手に入らないものならば壊してしまえ!と。
    物語の中に登場するサイコパステスト。
    それによって夕狩がサイコパスである可能性を描いている。
    本当の動機は何だったのか?
    大切なものを失うことが怖くて?
    自分にとって冨と権力と地位の象徴だった存在だったから消した?
    もしかしたら夕狩自身にもわかっていなかったのかもしれない。
    ただ、殺さなくては…と思いついただけなのかもしれない。
    もっとも印象に残ったのはラストシーンだ。
    火村の声が幻聴のように夕狩には聞こえる。
    聞こえるはずのない言葉が。
    一番ゾクッとさせてくれたのは、火村の幻のひと言だった。

  • 短編集。人死にのない話もありどれも面白かった。火村とアリスのコンビはまだまだ安泰で安心。東川篤哉の解説が美味しい

  • 「ショーウィンドウを砕く」まさに私が好きなタイプの話。

    どうにも「物語の主人公たちに偶然関わることになったキャラクターAの視点」で物語が進むことに言いようのない高揚を感じる。

全15件中 1 - 10件を表示

怪しい店 (角川文庫)のその他の作品

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有栖川 有栖
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

怪しい店 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする