この素晴らしい世界に祝福を!10 ギャンブル・スクランブル! (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (23)
  • (19)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 520
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049921

作品紹介・あらすじ

隣国エルロードの王子に会いに行くアイリスの護衛をすることになったカズマたち。可愛い妹(アイリス)と王子との婚約を破棄させつつ、エルロードからの支援も続けてもらうべく、カズマの頭脳と強運が冴え渡る!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アイリスさいこぉ…

  • 相変わらず面白い。ヒロインが魅力的なのとなんだかんだ言って主人公がいい人?なのがポイントか? 魔王軍との派手な戦闘はなかったが、今後の展開に期待したい。

  • アイリスみたいにカズマに向いているメンバーがいると、ダクネスやめぐみんが止めに入ってパーティ的には一安心。売り言葉に買い言葉に乗っかるめぐみん方が、らしくて好き(前巻ではそういう態度は少なめだった?)。またまた三嶋先生のあとがきイラストのアイリスがかわいい。

  • アイリスちゃんが活躍する可愛い巻。カズマさんの豪運も何かと活躍する。
    ただ、フルで楽しむにはスピンオフの続爆焰も読んだ方がいいです

  • アイリス回。
    カズマさんは「お兄様」だからか若干ゲスさ控えめな気がする。
    スピンオフのめぐみん盗賊団も読まなければフルには楽しめない

  • 異世界に来たカズマとアクア。二人はめぐみん、ダクネスと共に、いろいろな魔王軍をたおす。10巻では、王都へ行き、護衛をたのまれる。その行先は…?

  • カジノ王国エルロードへ、アイリスの護衛として乗り込むカズマたち。
    資金援助を依頼するはずがまさかの手のひら返しの対応。
    暗躍する魔王軍のドッペルゲンガー。
    今回はドラゴンスレイヤーとなったアイリスの大活躍。

  •  アイリス姫の護衛で隣国エルロードに赴くカズマ一行。
     その国の唯一の産業、カジノで大暴れするカズマ。

     伝説級?のゴールデン・ドラゴンは、カズマらの手を必要とせずにアイリス姫が独力で斃したが、彼の国には密かに魔王軍の手が…。

     と展開は様々なれど、やはり本作はキャラクター愛での作。
     能天気アクアはもとより、夜這い詣でのダクネスと妹キャラ・アイリスとに敵愾心と妬心とを燃やすめぐみんは相変わらずだが、やはりカズマだ。

     彼の出ない外伝に感じたパワー不足とは対照的に、本編での彼の言動は、笑いの琴線を響かせる。
     彼の造形が本作を大きく規程しているのが雄弁に語られる10巻である。

  • アイリス回はなんか微笑ましくて良い
    相変わらずアイリスは可愛い

    数行名前が出たのみのだが
    エリス様への愛が感じられる描写は素敵
    今回は出番がないのかと思えばコレだ

    めぐみんなんか企んでいるっぽいがなんだ?
    あとがきにあるweb小説だろうか?
    読んでいないのだが

  • カズマお兄ちゃん(珍しく)がんばるの巻。まぁ終始がんばってたのはアイリスな気がしないでもないが。というか単騎でドラゴン倒せるってマジで護衛要らなくね?(笑)カズマはともかく愉快な仲間たちの女性陣はいつもどおり己のやりたいことやってただけだもんなぁ。それでもそれぞれで引っ掻き回せるのはたいしたものだと思うが。次は(次も?)妹系ヒロインの登場らしい。兄は(過程や成果はともあれ)がんばったので姉もがんばる…んだよね?

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家、漫画原作者。福井県出身。著作の「この素晴らしい世界に祝福を!」は2015年にコミカライズ、2016年にアニメ化されている。

暁なつめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×