ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 緒花 
  • KADOKAWA
3.88
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049990

作品紹介・あらすじ

“養護院出身の伯爵令嬢”にして、新人バイオリニストのミレア。そんな彼女が、「音楽の邪魔になる求婚者よけ」という利害が一致し、公爵家の跡取りで、気鋭の指揮者でもあるアルベルトと仮婚約することに……!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あーなるほどね。なるほどねって感じでした

  • 半分折れそうになりながらも、めげずに何度でも立ち上がるミレアの明るい思考回路が素敵。
    口調は悪いのにとても過保護なアルベルトも、分かり易く思いがダダ漏れで可愛いです。
    音楽にのめり込んでる二人ですが、恋愛要素もちゃんとあって楽しめました。

  • バイオリニストの伯爵令嬢・ミレアは、気が進まない婚約話に困っていた。
    そんな時、宮廷楽団指揮者で公爵令息・アルベルトから〈嘘の婚約〉を提案される。かくして、互いに望まぬ婚約除けで熱愛中ということに!?

    最近流行っているらしい偽装恋人もの。1冊完結のようで読みやすく、話も王道で結構面白かった。
    ただ王道なだけに最初の出会いからもうネタが全部分かってしまって、その点では驚きや新鮮さはないのが残念。父親ネタもそんな気がしていたし。
    音楽にはあまり詳しくないけど、それほど専門用語もなくてあっさり読めた。音楽の表現が結構好き。
    何だかんだ周囲に愛されているミレアなので、ついでにお父さんの事もいつか何とかなると良いなと。

  • 幼い時に自分をバイオリンを通して救ってくれた聖夜の天使に再会するため、何より大好きなバイオリンのため、ミレアはバイオリニストとして宮廷楽団に入団した。しかし、バイオリニストとして頑張ろうとした矢先、望まぬ婚約話を進められてしまう。そんな中、宮廷楽団の指揮者アルベルトから嘘の婚約を持ちかけられる。公爵令息で指揮者のアルベルトを苦手と思っていたミレアはその提案に迷いながらも結局彼の言う通りニセモノの婚約者として振る舞うことになり・・・。

    作者さんのデビュー作に何だか似ている雰囲気だと楽しみにしながら読みました。結果、当たりでした。面白かった。宮廷楽団の面々が非常に個性的なメンバーばかりで、キャラたちの掛け合いが良かった。物語も要所要所で事件が起こり、どう解決するのだろうと予想しながら読みつつ、意外な展開にニヤリとさせられたり。恋愛面は序盤はミレアは聖夜の天使に夢中なので、あまりキュンキュンはしませんが、中盤ぐらいからアルベルトにドキドキさせられます。まさに帯にあるように溺愛系(笑)最後まで読むと本当、アルベルト甘々じゃないかwwと思わせてくれます。続編が出るようなら買います。発売したらいいな~。

  • バイオリニストの伯爵令嬢ミレアは、気が進まない婚約話に困っていた。そんな時、宮廷楽団指揮者で侯爵令息アルベルトにから嘘の婚約を提案される。
    「で、でも私、お付き合いとかしたことないし」
    「僕の言う通りにすればいい。この総譜を片付けろ」
    「下僕扱いじゃない!」
    かくして、互いに望まぬ婚約で“熱愛中“ということになってしまい――!?

    イラストもすごく可愛いですが、話もすごく可愛いお話でした。面白かったです。
    でも問題起こる時は結構容赦なかったので、どう解決するんだろうというハラハラ感もあり。かと思ったらアルベルトのデレにきゅんきゅんさせられたり(笑)
    恋愛としても面白いし、宮廷楽団ものとしても面白いと思います。
    どうなるのかなと思いながらも結局最後には全部上手くいって読後感はスッキリ! でしたが、続編が出ても全然いい感じ。
    ミレアは気づいちゃいましたが、アルベルト自身はまだ気づかれてないと思って、正体バレしてないですからね~(ニヤニヤ)
    続きが出たらもちろん買います。

  • 宮廷楽団をめぐる人間模様がよく描かれていると思いました。

    永瀬氏のデビュー作である『精霊歌士と夢見る野菜』にくらべると文章が濃密になり、シリアスなシーンもうまく描けるようになったと感じました。

全7件中 1 - 7件を表示

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

永瀬さらさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする