サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)

  • 17人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 秀章
制作 : R_りんご 
  • KADOKAWA (2016年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050033

作品紹介

“巌窟王(ダンジョンマスター)”によって隠された莫大な財宝・七氏族軍資を横取りするため、旅団(サークル)が鎬を削る冒険者時代。白魔道士ユーリは“軍資に一番近い旅団”と称される猛者五人のうちのひとりにして本の蒐集家だったが、迷宮の奥深くに封印されていた美女・クリスティーナの旅団参加によって、旅団の人間関係は滅茶苦茶になってしまう……!
[男4女1の旅団(サークル)]+[女1]=修羅場(クラッシュ)!?

「……私のこと好きですよね? ですから、好きです」

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品、もうちょっと別のタイトルにした方が良かったんじゃなかろうかと思ってしまうほどにタイトルを見た時と実際に読み始めた際のギャップが大きい。

    いわゆるサークルクラッシャーを扱った作品だけれど、舞台をファンタジー世界に置くという奇策を行ったことで普通のサークルクラッシャーモノでは難点と思われるような点が幾つか解決されている

    通常はどれ程属するサークルが壊れようと他の居場所を見つけてしまえばいいだけだが、本作では七氏族軍資を狙うには他のサークルは考えられないため現サークルに固執する理由が存在している点
    サークルクラッシャーであるヒロイン、クリスティーナは記憶を失っているために孤独を必要以上に恐れ、それゆえに男性陣を誘い望みに応えようとする姿勢が嫌味のないものになっている点
    主人公が元聖職者であるためにクリスティーナの誘いを拒みながらも彼女と所属するサークルを救うために奔走する姿勢に違和感が生じない点などなど

    タイトルと内容のギャップだけ見れば非常におかしな作品なんだけど、読み進めてみるとそのギャップによる調和がいい感じに効いていることが感じられる

    それにしてもあっという間に男性陣との距離を詰めてくるクリスティーナには驚いたけど、それ以上にあっさり一線を越えてしまう展開も驚き。悪びれなく4股かけていることを告白する姿勢もなかなかのものだけど
    そういった意味では悪女と判断するのも可能かもしれない

    そのような内容のため、クリスティーナは物語上のヒロインとしては機能してないのだけど、その代わりにまともに登場すらしていない地元の幼馴染エマが醸し出す正妻オーラが凄まじい

全1件中 1 - 1件を表示

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)のその他の作品

秀章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする