ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 下

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050163

作品紹介・あらすじ

静かなる野、モーヌップの大地。エミシの民を苦しめるウェイサンペの苛政に憤りを覚えた青年マサリキンは、一目で恋に落ちたチキランケを女奴隷となる運命から救うため、馬で逃亡を試みた。しかしその最中に敵将の愛息を殺し、追われる身となってしまう。マサリキンとはぐれたチキランケは、鎮所に連行されたが、按察使の寵愛を拒み、深く自分に閉じこもった。追っ手を交わしながら鎮所に近付いたマサリキンだが、叛徒としてウェイサンペの手下に捕らえられ、過酷な責め苦を負うことに。陰陽師はチキランケに凶兆が現れていると按察使に忠告、マサリキンは処刑場に連行されるが、そこに叛乱軍ヌペックコルクルが現れ、マサリキンを奪還した! 怒濤の展開、圧巻の歴史ファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東北から北海道に開拓に来た割と近いご先祖様を持つ私には面白かったけど、北海道や東北になじみのない人に、この作品は伝わるのだろうか。

    純粋で公平で民主的なエミシと、階級社会の中で一部の人たちの贅沢な暮らしのために虐げられるウェイサンペ(大和朝廷時代の日本人)。
    勝者の書く歴史が全くの事実とは限らないように、敗者の書く歴史が本当の真実とも限らない。
    こんなに単純に善悪が分かれるわけがないことは子どもにもわかる。

    それでもどうしても書きたいことがこの作品の中にあるのだろう。
    多分それはエミシ対ウェイサンペの戦いであり、エミシの生活や風俗だと思うんだけど、それだけでは読者が付かないと思ったのか、マサリキンとチキランケという若い二人の引き裂かれた純愛を持って来たものだから、どうも軸がブレブレになってしまっている。

    戦闘シーンにはテンポがないため手に汗を握れないし、時間の経過がわかりにくい。
    そもそもマサリキンが世間知らずで純粋すぎて、なかなかチキランケを助けることができないし、エミシの戦いに参加して大きな戦果を挙げても、どうも英雄というには決定的な何かが足りない。

    いっそのこと視点をチキランケにして、ひたすらにマサリキンを恋求める乙女から見た戦いの虚しさとエミシの心満たされる生活の対比を描くとか、何なら戦いの中で炊き出しや負傷者の看病をしながら愛する人のそばにいることを選択するカリパのような少女と交互に描くとかにすればいいのにと思った。

    全体的にまんべんなく書こうとするから、テーマが散漫になっている気がした。

    上巻の時から気になっていたのだけど、このエミシは、なぜアイヌの風習で描かれているのか。
    確かに東北にはアイヌ語由来の地名が結構あるけれど、私の考えるエミシは、アイヌとは別物なんだけどなあ。

    テーマは面白かった。
    文章・構成はもう少し。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1971年東北大学大学院にて、医学博士。東北大学抗酸菌病研究所で外科学、癌の実験病理学、放射線医学を専攻、81年同研究所放射線医学部門助教授。86年大船渡市盛町において山浦医院を開業。ケセン語訳で地元出版社より聖書を刊行し、方言学の面からも注目を浴びる。岩手県教育表彰受賞。ヨハネ・パウロ2世に謁見。2011年の東日本大震災時には、被災地の医師、クリスチャンとして多くのメディアに出演。13年、バチカン有功十字勲章受章。14年、小説『ナツェラットの男』で第24回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。

「2016年 『ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 下のその他の作品

山浦玄嗣の作品

ツイートする