長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース)

著者 : ぷよ
制作 : 谷川 流  いとう のいぢ 
  • KADOKAWA (2017年2月4日発売)
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050446

作品紹介・あらすじ

3年生となり、高校最後の年を迎えることになった文芸部。そんな中、朝倉は一人カナダに留学することを決意する。キョン、ハルヒ、古泉、朝倉、そして長門…それぞれの思いを込めて、ついに感動の最終巻です!

長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫が購入したのを読み。

    最終巻。ずっとほのぼのとしたラブコメだった。
    いつ朝倉さんが豹変するのか、とドキドキしてたけどそんなことはなかった。

  • はい。最終巻

  • もうちょっと読み続けたかったかな

  • 最終巻。キョンくんの少女漫画っぷりがとてもよい。

全4件中 1 - 4件を表示

長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース)のその他の作品

ぷよの作品

長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする