ゲームやるから100円貸して! (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050477

作品紹介・あらすじ

たまたま入った喫茶店のテーブル筐体で一心不乱にゲームをしていたのは、職場の上司の弓原さん!?一般人の杉田君と、レトロゲームオタクで上司の弓原さんの恋愛模様を描く、レトロで8bitなオフィスラブコメ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 我らが朝霞台にあるルビーにもゲーム台あるよ!
    やったことないんですけどね。
    と、
    この漫画どこがおもしろいのかわからんが、
    もう、
    何度も読み直してる!
    ある意味でかなりの良書ですよ!
    何に魅かれて読んでるのかよくわからん!
    ちなみに、
    ビールは水です!


    STAGE01
    「杉田」君はいつも、
    「弓原」補佐に怒られている。
    でも、
    仕事できないわけじゃないらしいのよね。。。

    仕事できるし、
    イケメンなんで、
    よく女子社員にランチ誘われるけどランチくらい一人でゆっくりしたい「杉田」君。
    こんなところに喫茶店あるじゃんってデッドコピーに入ると、
    めっちゃゲーム機を揺らしてプレイしてるの「弓原」補佐やん!
    って、
    メガネかけて髪下ろしてかっわいいー!
    相席なう!

    「弓原」補佐がプレイしてるのインベーダーゲーム!
    と、
    思いきやパクリゲームの「ラバーズインベーダー」だって!
    と、
    ゲームの説明してる「弓原」補佐がかわいい!


    STAGE02
    あれからデッドコピーによくいく「杉田」君。
    なんで?
    もう「弓原」補佐にぞっこんですか?
    と、
    思いきやそうでもない。。。

    今日はゲームの入れ替え日!
    そんな日は「弓原」補佐はゲーム台を予約しておく完璧さ!
    で、
    新しく入ったゲームはパックマンのパクリゲームで「パックガール」です!
    で、
    髪下ろしてメガネ装備していざゲーム!

    「ラバーズインベーダー」は、
    想い人に簡単には恋は届かないことを表現してましたが、
    この、
    「パックガール」は、
    本当に大切な男には逃げられ、
    どうでもいい男には追いかけられるという女性の本質を描いているゲームらしい。
    この時点では、
    「弓原」補佐x「杉田」君はなく、
    「弓原」補佐xデッドコピーのマスターかと思ってましたが。。。
    ね!


    STAGE03
    今日は「杉田」君が出張で居ないからご機嫌な「弓原」補佐。
    でも、
    なぜか出張を終わらせてデッドコピーにいる「杉田」君にげんなり。
    で、
    かぐりんも知ってるよ「平安京エイリアン」!
    そのデッドコピーが「VS検非違使」だって!
    で、
    このゲームは2人で対戦できるみたい!
    協力プレイ?
    この2人が?
    で、
    「杉田」君が危ない性癖出してオチ。。。
    イケメンなのに。。。


    STAGE04
    小さくて童顔を気にしてる「弓原」補佐!
    「杉田」君の同期が超失礼なことを!
    それでご機嫌ななめ。。。
    デッドコピーでストレス解消なうな「弓原」補佐!
    で、
    「杉田」君がご機嫌を取る!
    つか、
    「イーアルカンフー」知ってる!
    で、
    パクゲーが「イーギャルカンフー」だって!
    絶対に「弓原」補佐チャイナドレス似合いますよね!
    つか、
    女の子は小さいくらいがかわいくていいと思いませんか?


    STAGE05
    「弓原」補佐はもちろん会社ではゲームやらないキャラですよね!
    当たり前です!
    わからん空気の読めない「杉田」君がおかしい!


    STAGE06
    みなさんから人気者キャラで定評ある「杉田」君がなんで、
    「弓原」補佐に付きまとっているか?
    今日も今日とてデッドコピーでランチ!
    つか、
    トラックボールってみたことないです。
    これは実在するの?
    「ミサイルコマンド」ってゲームのデッドコピーが「ラブラブコマンド」だって!
    首吊りしてる男子を女子が飛んで行って爆発させるリア充撲滅ゲーム!
    これ、
    スマホで出せば人気出るんじゃね?


    STAGE07
    あぁー!
    かぐりんの場合ドラクエなぁー!
    やっぱりスリーですよー!
    ゲームのデータが吹っ飛ぶの死にたくなってたぁー!
    わっかるわぁー!
    つか、
    文春砲ならぬ弓原砲って。。。
    酷い。。。
    ちなみに、
    124pの「弓原」補佐はかわいい!


    STAGE08
    距離感が縮まってると思ってた「杉田」君ですがそうでもないの?
    デッドコピーのマスターが2人を呼び出す!
    喫茶店の営業時間を伸ばしてお酒を出そうと考えてて、
    「杉田」君と「弓原」補佐に意見を求めた!
    つか、
    飲みすぎ「弓原」補佐。。。
    それだけ、
    安心感があるのか「杉田」君に!?
    で、
    「補佐」をお持ち帰れるぞ!
    と、
    そんな狼になれない「杉田」君。。。
    んー。


    STAGE09
    家前まで送ったけど、
    中まで入れって言われて困る「杉田」君。
    本音上はやっぱり「弓原」補佐は「杉田」君が嫌いなのか?
    つか、
    家にもゲームあるならデッドコピー行かなくても。。。
    そういうもんじゃないのか?


    2巻ではもっと距離が縮まるのかしら?
    それと、
    デッドコピーは営業続けられるのか!?
    期待の2巻もおもしろい!
    感想は気長に待て!

  •  タイトルに興味を持って購入。
     切れ者な堅物女性上司と仕事のできるがチャラい部下。
     上司がレトロゲーマーで、ゲームで息抜きしているところを、ゲームのんけなチャラ部下が偶然見つけて、ゲームでコミュニケーションを取りつついろいろ育んでいく流れ。
     登場するゲームは、権利周りに配意してか、デッドコピーの設定で、良し悪し。
     有名ゲームをベースにかなり安易な設定を盛り、ツボを外したゲームを紹介する流れ。
     基本仕事できる二人が、大した事件もなく、普通にゲームするだけな印象。
     片方をポンコツにして、ゲームを通じて仕事のコツを…な展開の方が発展性はあったと思うんだけどね。
     近年割と多い、とりあえずレトロゲーム出しとけばいいやって感じ系マンガかな。

  • 帯の押切蓮介のコメントが笑った。最初どういうことかと思ったけど、2話まで読み進めてどういう体で行くのか理解して、ようやく意味がわかった。絵は好きじゃないけど面白い

  • チャラい

  • ゲームができるテーブルって、考えてみたら凄い。
    今でもたまにレトロな喫茶店で見ることはあるけど
    めっきり減りましたね。

    仕事に厳しい女上司と仕事出来る
    イケメンが、毎回同じように一緒にランチタイムを
    レトロゲームができる喫茶店で過ごしている
    というお話。たまに他の場面もあるけれど、
    基本的にこのパターンで一冊が終わってしまった。
    なんか同じような話ばかりだなーと思いながらも
    つい、続きを読もうとしてしまったのは、
    毎度紹介されるレトロゲームが胡散臭いのに
    妙に気になる魅力的なものだったからかもしれません。
    かなり乙女な発想のゲームばかりで、
    最後のほうは笑いが止まらなくなるものもあり、
    まあまあかなーと思っていた割に読み終わったら
    すっきり楽しめたな!という感想です。
    ほぼ進まないラブコメ部分にも、
    今後充分期待しています。

全5件中 1 - 5件を表示

ゲームやるから100円貸して! (1) (角川コミックス・エース)のその他の作品

ナカノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする