さくら、うるわし 左近の桜

  • 98人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (7)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • KADOKAWA (2017年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050668

作品紹介

男同士が忍び逢う宿屋「左近」の長男、桜蔵(さくら)は高校を卒業し、大学に進学。それを機に実家をはなれ、父の柾とその正妻と同居することになる。しかし、やっかいなものを拾う”体質”は、そのままで……
大雨の朝、自転車通学の途中で事故にあい、迷いこんだ先は古着を仕立て直すという〈江間衣服縫製所〉。その主の婆さんは着ていた服で浮き世の罪の重さをはかり、つぎに渡る川や行き先を決めるという――この世ならざる古着屋や巡査との出逢い、境界をまたいで往き来する桜蔵の命運やいかに――!?(この川、渡るべからず)
匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚集。

さくら、うるわし 左近の桜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 左近の桜シリーズ、第3弾。
    以前はもう少し夢おぼろな感じで巻き込まれていた記憶がありますが、今作はあちらも少し強引なような。
    醒めない夢が常にそうであるように、醒めたと思えばまた夢の中、何度も舞台が変り、自分が何者だったかさえ見失ってしまう。
    黒い犬はちょっとグロテスク。
    土砂降りの雨、水はやはり、あちらとこちらを隔てるものであり、また境目をあいまいにするものでもある。
    本が旅の扉を開くことはたまにある。
    また犬?怖い!…と思ったらいい話でした。

    第一話 その犬に耳はあるか
    第二話 この川、渡るべからず
    第三話 ありえないことについての、たとえ
    第四話 その犬の飼い主に告ぐ


    特殊な体質(能力)とはいえ、闇雲に引きずり込まれるわけではなく、やはり"縁あるもの"が、助けを求めて呼んでいると思われる。

  • ドキドキする、、、

    KADOKAWAのPR
    甘美で幻想的な異界への誘い――匂いたつかぐわしさにほろ酔う連作奇譚集。
    男同士が忍び逢う宿屋「左近」の長男、桜蔵(さくら)は高校を卒業し、大学に進学。それを機に実家をはなれ、父の柾とその正妻と同居することになる。しかし、やっかいなものを拾う”体質”は、そのままで……
    大雨の朝、自転車通学の途中で事故にあい、迷いこんだ先は古着を仕立て直すという〈江間衣服縫製所〉。その主の婆さんは着ていた服で浮き世の罪の重さをはかり、つぎに渡る川や行き先を決めるという――この世ならざる古着屋や巡査との出逢い、境界をまたいで往き来する桜蔵の命運やいかに――!?(この川、渡るべからず)
    匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚集。
    http://www.kadokawa.co.jp/product/321608000247/

  • シリーズ3冊目。
    続巻が出るとは思っていなかった。
    相変わらずの不思議なお話。読んでいるうちに(あれ?)ってなるけれど、それも世界観として納得してしまう。
    大学生になった桜蔵、高校生の千菊の成長ぶりも読者(特に女性読者)としては微笑ましいが、何と言っても父親である柾さんが素敵すぎる。
    また、続きが読めたら嬉しいな。
    長野まゆみさん、お願いします!

  • 左近の桜シリーズ3作目。短編集。

  • シリーズ第3弾。長らく新作が出なかったので、シリーズ完結かと思ってた。

    前作から少し時間が流れ、桜蔵が大学生になっているが、相変わらずの拾いもの体質。
    道端で、旅先で、この世のものではないモノを拾い、惹きつけ、この世とあの世の境をさまよう。

  • +++
    甘美で幻想的な異界への誘い――匂いたつかぐわしさにほろ酔う連作奇譚集。

    男同士が忍び逢う宿屋「左近」の長男、桜蔵(さくら)は高校を卒業し、大学に進学。それを機に実家をはなれ、父の柾とその正妻と同居することになる。しかし、やっかいなものを拾う”体質”は、そのままで……
    大雨の朝、自転車通学の途中で事故にあい、迷いこんだ先は古着を仕立て直すという〈江間衣服縫製所〉。その主の婆さんは着ていた服で浮き世の罪の重さをはかり、つぎに渡る川や行き先を決めるという――この世ならざる古着屋や巡査との出逢い、境界をまたいで往き来する桜蔵の命運やいかに――!?(この川、渡るべからず)
    匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚集。
    +++

    左近の桜シリーズ第三弾。
    今回も桜蔵(さくら)は、妖しいものを引き寄せている――というか、引き寄せられていると言った方がいいのかもしれない。この世とあの世の境をあっさり越えて、見えないはずのものに翻弄されているような桜蔵を見ていると、読み手のこちらが消耗してくる気がする。やはりこういうのはあまり得意ではない。自分の輪郭が曖昧になっていくような錯覚に陥るので、あちらの世界に取り込まれそうになる。桜蔵は慣れていてどうということもないのだろうか。そんなこともないだろう。ともかく、現実世界のひずみに迷い込んだような一冊である。

  • 装丁が美しすぎる…❤︎

  • 事あるごとに父の柾や関わり合う怪異面々に女扱いされてしまう桜蔵の彼女の名前が、真也(まや)と言う一見男性名シンヤってのが面白い。好みだったのは3話と4話。桜蔵の父親って一体誰なんだろ。明かされる時は来るのかな。長らく続きが出ていなかったから、完結せず、うやむやな尻切れトンボになってしまうのかと危ぶんでいたから、何はともあれ続編が出てくれて嬉しい。

  • 2018/2/12(月曜日)

  • のっけから妖しい世界へつかまって、BL度上がってるような、それより生命の危険がやばそうな(もしかしてすでに何度か死んでそうな)もろもろを、美しい文章でくるんでました。今回はなぜか入手に難儀。謎が少しづつ解けそうな、まだまだお預けのような、続きが期待できそうなラストに楽しみが♪

全14件中 1 - 10件を表示

さくら、うるわし 左近の桜のその他の作品

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さくら、うるわし 左近の桜はこんな本です

ツイートする