拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041051658

作品紹介・あらすじ

2016年7月に起こった相模原障害者施設殺傷事件は日本社会に大きな衝撃を与えた。自分勝手な言い分によって引き起こされた事件は、死者19名、負傷者27名という、戦後最悪の大量殺人事件となった。世界を見渡しても、欧州や中東などで自爆テロが繰り返されているが、こうした不特定多数の人々を巻き込む大量殺人や自爆テロだけでなく、親子心中や介護心中などの無理心中にも通じるのが絶望感と復讐心だ。強い自殺願望に突き動かされ、誰かを道連れにせずにはいられない拡大自殺の根底に潜む病理を分析する。

第一章 大量殺人と拡大自殺
第二章 自爆テロと自殺願望
第三章 警官による自殺
第四章 親子心中
第五章 介護心中
終 章 拡大自殺の根底に潜む病理

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大量殺人や自爆テロなどの事例を調査する中で,犯人の心理的な側面を詳しく考察している好著だ.第5章で議論されている「介護心中」はこれからますます増えるものと予測されるが,巻き添えにする心理を考察した部分(p184)は重要だと感じた."なぜおとなしく一人で自殺しないのか" 怒りや攻撃性を他者に向けた場合は殺人になり,自己に向けたら自殺になる.そうなっていくには強い動機が必要となる.どこかでそのラインを断ち切れば良いのだが.

  • 拡大自殺の根底にあるものは復讐心であるという事は、今までにも言われてきた事だろう。他責的傾向が大量殺人を引き起こす要因の一つ。自己処罰(自殺)という回り道をとおって、もとの対象に復讐する。被害者意識を生む背景には個人的要因だけでなく社会的要因もある。

  • 東2法経図・開架 368.6A/Ka81k//K

  • おもしろい視点から書いてるなあと思いました。なので、若干腑に落ちんとこもあるんだけど、数字やら統計やら羅列されてるの見ると、裏付けはしっかりしてるのかな。調査も丁寧なのかなとか。

    被害者、加害者共に、共感できる部分がある自分を見つめたり、振り返ったりしました。
    一歩まちがえば、私もそこにすこんとはまる危機感あります。
    読んでいても、イマイチ納得できないとこもありつつも、不快ではないです。参考になりました。

    選書だからかな、薄さの割にちょっと高価な気がした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。精神科医。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。DEA(専門研究課程修了証書)取得。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究。著書多数。

「2018年 『被害者のふりをせずにはいられない人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中 (角川選書)のその他の作品

片田珠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
赤坂 真理
村田 沙耶香
エリザベス グリ...
又吉 直樹
井戸 まさえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする