テスタメントシュピーゲル3 下 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 島田 フミカネ 
  • KADOKAWA
4.58
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (516ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041051818

作品紹介・あらすじ

「あたし達は大丈夫だ!真っ直ぐに行くぞ!」
涼月(スズツキ)の咆哮を合図に、憲兵大隊(MPB)+公安高機動(MSS)隊の特甲児童達は戦火の街・ミリオポリスを駆け抜ける。都市を壊滅の危機に陥れた主犯格+特甲猟兵達をひとり残らず倒すべく、善きつながりの感覚とともに最終決戦に臨む少女達。やがて迎える終極で、それぞれの背負った因縁にも決着のときが訪れる――。6人の機械化少女と、ともに戦った数多の戦士達の物語、ついに感動のフィナーレ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み切った。激しかった戦闘が嘘のような穏やかなエンディング。少し余韻を残している感じがいい。物語の中ではびっくりするほど時間が経過していませんが、何とも長いお話でした。
    女の子が装甲をまとって戦う。この上なくラノベ的シチュエーションなんだけど、この情報量はまったくラノベじゃないと思います。

  • prosit 祝・完結!

    陽炎/ミハエルとのその後はどうなったのか。

    鳳/記憶が戻って良かった

    乙/刀での戦闘シーンに惹き込まれる。小隊長としての今後が気になる

  • 無事読了。私は刊行ペースが遅すぎて、げっそりした口だが、シュピーゲルシリーズをこれから読むなら、待たされずに一気にいけるので幸せ。始まった頃は最後のジュブナイルと銘打っていたが、本当に最後になるのかな。言い訳しながら大人の事情でまた書いたりしそう。
    ストーリーとしては落ち着くべきところに落ち着いて、悪の一味は一網打尽でめでたしめでたし。最後の方は戦闘に次ぐ戦闘でやや食傷気味。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)。1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。

テスタメントシュピーゲル3 下 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

冲方丁の作品

ツイートする