青くて痛くて脆い

著者 :
  • KADOKAWA
3.27
  • (29)
  • (69)
  • (100)
  • (43)
  • (8)
本棚登録 : 1007
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052068

作品紹介・あらすじ

就職を来年に控えた大学生の「僕」は、今はなき彼女がついた嘘を真実にするため、社会に対して叛逆を企てるーー。青春の終わりの痛みと煌めきを描いた、著者渾身の新境地。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人に不用意に近づき過ぎない事を信条にしていた大学一年の春、
    僕は秋好寿乃に出会った。
    空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、
    けれども誰よりも純粋だった彼女。
    秋吉の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という
    秘密結社を結成した。
    それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋吉はもういない。
    ボクの心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

    僕が、秋好が残した嘘を本当に変える。
    それは僕にとって、世間への叛逆を意味していたーー。


    田畑楓の大学入学時の人生のテーマは「人に不用意に近付き過ぎない事」
    そんな楓が講義中に自らの理想を語り、質問を繰り返し、周囲から浮いてる
    秋好寿乃と出会い「モアイ」という二人だけの秘密結社を結成した。
    秋好の大学入学時に掲げた信念は「四年間でなりたい自分になること」
    しかし、モアイにも人が集まり始め…二人の関係も…。

    読み始めから楓の一人語りで始まりました。
    楓の自分ルール…あまり人間に近づき過ぎないようする事。
    誰かの意見を真っ向から否定しないように気を付けている事。
    それを守れば、誰かを嫌な気分にしてしまうことを減らせて
    結果的に自分を守る事にもなるって考え。
    人を観察?して思った事を口にせず心で見下して?分析して?
    それなのに当たり障りのない言葉を選ぶ…etc.
    今の大学生は皆こうなのか…?
    こうでなきゃ生きられないんだろうか…?
    凄く嫌で嫌で…何が嫌かって文章も楓も何もかも…_s(・`ヘ´・;)ゞ..
    何度読むのをやめようと思った事か…半分読むのに何日かかった事か…。
    でも読むのを止めなくって良かったです(*'-'*)エヘヘ

    住野さんらしいあれって思わされる騙されたってのがあったし、
    前半平坦で退屈だった物語がラスト一気にパワーアップ
    終わり方が良かったです(*˙︶˙*)☆

    本当にタイトル通り青くて痛くて脆いお話でした。

  • 住野さんも何作目かなぁ。
    今回は大学生です。

    2人で作った集まり{モアイ」があれよあれよ言う間に大きくなって
    居づらくなってやめてしまった楓くん。

    この楓くんが、恨みます。
    一緒に始めた子を。
    いや、一緒に始めたってより誘われただけなんだけどね。
    静かに火を燃やしながら恨みます。

    辞めてから2年半たって、就職決まって、
    潰しにかかります、この「モアイ」を。

    痛いより怖い。

    楓が怖い。
    ナイフよりも鋭利な見えない刃物で人を傷つける。
    ストーリーより何より、楓が怖い。

    最後に反省して、成長したってことになるらしいけれど
    いやいや、怖いし。
    その、なんていうの?
    意識高い系っていうの?
    もう、独りよがりで怖いんですけど。
    意識の高い人に失礼よ!!!

    んー、ちょっともう、おばさんはついていけないかなぁ。
    という感じです。

    モ:脆くて
    ア:青くて
    イ:痛い
    だそうです。

    上手いのか?これは上手いのか?
    わからん。
    個人的には「青くて、痛くて、恐ろしい」だったよ。

  • 今回、主人公が大学生男子ということで少しオトナになった青春の痛みやもやもやがどんな風に描かれているのかとても楽しみだった。今までの住野作品だと、読み始めてすぐから主人公に感情移入してどっぷり浸る感じだったけれど今回は主人公に同化するのに少し時間がかかった感じ。
    タイトル通り、主人公の4年間は青くて痛くて脆い日々で、もう、本当に読んでる方も「痛くて脆」くて辛かったね。
    住野さんらしいひっかけも健在で、あぁ、なるほどそういうことね、とにやにやしながら読んだけど、なんとなくちょっとイタ過ぎて読んだ後のカタルシスが足りなかったかな、という気も。
    それでもそのイタさが今回は読者層を広げる形になるのかな。

  • 待望の住野よるさん最新作。
    『膵臓』というタイトルにひいてしまい、最初は手に取らなかったデビュー作。
    でも、やはり気になって読んでからは彼女の大ファンになった。
    (女性と思い込んでいました)
    次に好きなのは「また、同じ夢を見ている」ラストが私にとって完璧だったので。

    そしてこの5作目ですが、期待は裏切られました。
    いい意味で。
    自分の好きなものと同じものをねだる子供のような期待をしていた感は否めない
    私をさらりとかわし、人に見せたくない部分をえぐり、さらすことで
    タイトル通り、青く痛い自分と向き合うこの作品。

    間違いなくたくさんの人にオススメできる、読んでほしい良作だと思います。
    特に特に若い人に。そしてそれは達成されるでしょう。
    痛いですよ。それは、当然なのです。
    表面だけを繕うものではないのですから。この二人は私の中にもいる。二人同時に。
    そして私は、彼女…ではなく彼の次回作をやはり心待ちにするのです。

  • これほど若いことが気持ち悪いことだったんだと思えた本ナンバーワン。まさに「青くて痛くて脆い」。最近の大学生皆がこんなに痛いはずはないと思うけど、でも夢に向かってとか、あるべきなりたい自分であるとか、他人の幸せのためであるとか、誰も傷つけたくないであるとか。なんと自分大好きなことだろう。最近、ウォーキングデッド観てるせいか、こういうキャラのやつ一番最初に死ぬ。間違いない。気持ち悪すぎて逆に完読。

  • 好きな作家の作品のため楽しみにして読みました。
    今回は大学生が主人公の話ということで
    バイトやら就活やらサークルやらがメインの話で
    社会人暦の長い自分としては懐かしく読みました。

    主人公が思いを寄せる人物が既に他界しているかのような
    ミスリードがありますがなかなか上手いです。
    主人公の独りよがりな考え方とか俯瞰している読者には
    非常によく分かり、段々感情移入が出来なくなってからの
    最後の主人公の内面の変化が心地良い感じでした。

  • 彼がそうあるべき真理と信じて疑わないところ。そう正当化しないと立ち行かない心。もはや突き動かされ止められない自分。
    だって、わたしは正しいことをしているんだもの。
    全部知ってるから、自分を突きつけられてるようで、痛々しい。
    タイトル以外の言葉が見つからない。

  • 住野よるさんの最新刊!

    ええ、そうですとも!真っ先に買いましたよ&読みましたよ!

     今までとは違って、なんと舞台が大学生活です。ちょっと進化した(笑)

     モラトリアムな一匹狼の男子、楓(かえで)が、大学生活で初めてであったちょっと痛い女子、秋好(あきよし)と、「モアイ」というサークルをつくる。
     でも、モアイはどんどん変節し、秋好は失われ、楓はモアイを離れる。
     そして、大学4年生になり、楓はモアイの理想を取り戻すための復讐をはじめる!

    以下、お笑い芸人の山里亮太さんのレビューがとっても良かったのでそちらでどうぞ。▽

    「そこからは胸が苦しくなって、自分に重なるものを見つけては辛くなるし、走り続ける楓と同じ方向の苦悩をする。僕たちが一番戦っている相手は、こんな自分をどう処理したらいいんだろうってことなんじゃないか。自分にレッテルを貼って相手を敵とみなし、戦うことで逃げていたんじゃないか。人を傷つけていたことにも周りが手を差し伸べてくれていたことにも無自覚だった自分にじんわりと気づいて、シンクロ率がとんでもないことになっていく。これはただの青春モノじゃない。大学生の話として読んでいるはずなのに、あの頃を振り返るようにじゃなく、自分の今の状況や周りの人をうっすら重ねて読んでしまう。こんなに本の中に入って、感情を動かされ続けたのは初めてだった。」

     理想を掲げた集団が変節する。リーダーが変わってしまったような気がする。
     でも、本当は何も変わっていない。
     変わったのは、自分の自意識だけ。
     そう、実はひとりで、戦っていたのは、自分自身なんだ。

     そんな姿を、住野よるさんはみせてくれます。

     痛い小説です。でも、救いはあります。

  • 人に不用意に近づきすぎないこと、誰かの意見に反する意見を出来るだけ口にださない。そのようにして誰かを傷つけたり傷つけられることを回避しようとする田端楓。その一方「この世界に暴力はいらないと思います」といきなり受講中の講師に質問というよりか意見を言い始める秋好寿乃。正反対ともいえるタイプの2人が大学の1年生の新学期に出会い、お互いに友達も知り合いもいなかった彼らは会話を重ねるにつれ友人となり、モアイというサークルを立ちあげる。なりたい自分になることを活動のモットーとしてきたモアイはしかし、活動人数が増えるに伴いだんだんと方向を変え、最初の理想を失っていくかのように見えた…。

    物語の最初の方ではヒロインの秋好が亡くなってしまい、残された楓が秋好を偲んで、おかしくなってしまったモアイを彼女の望んでいた形に戻したいと奮闘する純愛物語なのかな?と思って読んでいたのですが、中盤から全然そうではないことに気づいて愕然とし衝撃をうけました。なるほどこいつは青くて痛いヤツだ!痛い、痛すぎる!!主人公がもう痛くて胸糞悪くて後半は突っ込みが追いつきませんでした。
    でも、そうですよね、我々ってそういう愚かなことしてしまうことありますよね。自分が正しくて、自分と違う考えや言動をする人をバカにして、独りよがりにそういう人のことを正そうとしたりするのって、ありがちですよね。批判とか意見するときには本当に我が身を振り返って自分にそういう資格があるのか、考えないといけないですよね。
    でも、なんだか、楓が残念すぎてほとほと悲しくなりました。最後は救いがあって良かったけど。それと彼の友達の董介の方が普通にいいやつで好感が持てたのが良かったかな。

  • 自分の想いが正義だとぶつけた結果、悪になる。それが自分のことを必ず分かってくれると信じていた人でも。
    というようなところを青春として描いているのかな。

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

住野 よる(すみの よる)
高校時代より執筆活動を行っていた。2014年2月ごろ夜野やすみ名義で、様々な賞に落ちてしまった小説「君の膵臓をたべたい」を広く世で読まれてほしいという願いから小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿。同作が話題となり、2015年6月双葉社から書籍化されデビュー。同作が「本屋大賞」2016第2位、「読書メーター読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位と高く評価され、売上面でも「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(トーハン調べ)、「2016年 年間ベストセラー」総合4位・単行本フィクション1位(日販調べ)となり、累計発行部数200万部を突破した。実写版映画が2017年7月28日公開、アニメ映画が2018年公開。
その他作品に、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』がある。

青くて痛くて脆いのその他の作品

住野よるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青くて痛くて脆いを本棚に登録しているひと

ツイートする