カブキブ! 6 (角川文庫)

著者 : 榎田ユウリ
  • KADOKAWA (2017年3月25日発売)
3.75
  • (8)
  • (28)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :174
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052648

作品紹介

文化祭での公演を、歌舞伎十八番の内「毛抜」に選定したカブキ部一同。いよいよ本格的な練習を始めるものの、因縁の演劇部と、再び公演場所を奪い合わねばいけない事態となり…。

カブキブ! 6 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校生部活動,文化祭,少し変わった歌舞伎部ながら,王道の高校生もの.なんだかんだと揉めながらも友情を育み支え合ってとうとう発表会の舞台.やっとここまで来たかと思ったらまさかのクロの不在.ここへ来てのアクシデント.遠見先生も胃が痛くなるわけだ.早く7巻目を読みたい.

  • えー!そこで終わり!?

  • 歌舞伎に費やす高校生の話。

    けぬきをやることを決めて、演劇部とのいざこざを乗り越える話

  • やっぱりカブキブの公演はハプニング!?

    文化祭に向けて、協力してくれる人も増えつつ、仁とも束の間いい時間が過ごせても、やっぱり大事件は起こった。演劇部部長・舜は悪い人ではないようで、でも利用されるタイプだな、と。特に女子には。演劇部との関係がうまくいくかと思いきや、トンボとクロの仲が微妙に。それが解決して、さあ、文化祭公演となればいいものの、直前にクロが行方不明。これはもしかして渡子がキーパーソンになるのだろうか。

  • 「世の中に、誰かひとりだけの責任で起きていることなんかない。いろんなことが関係し合い、影響し合っている。最初に生じたほんの小さなズレが、いつの間にか大きなズレになってるなんてよくあることだ。」
    トンボ、なんでそんなに早く大人になっちゃったかな?だからこそ黒悟といいコンビなのですが…もっとわがまま言ってもいいのにな…

  • 2017/11/21
    ほらまたすごいとこで終わるー
    もう既刊ないんだってば。
    クロとトンボのギクシャク萌える。
    トンボももうちょっとぶちまけて欲しい。
    そのほうがかわいいやん。高校生なんだもん。
    それにしても何気に生い立ちに癖のある子が多いね。
    いい学校なのにね。
    みんな何かしらあるもんだけどそれにしてもね。
    私が知らないだけでみんな何かしらあるのかな。
    私も言ってないことあるもんな。

  • ここで終わるんかい!ってな続き方。

  • またなんというところで終わるのーー。
    ようやく一息つけて、いざ文化祭の舞台へ!というところで事件勃発とは。
    メンバーが足りない、演劇部との確執、クロとトンボの初喧嘩などまー前作にに続き盛り沢山。
    でもこのシリーズってトラブルがあっても、嫌味なく解決していくしキャラクターが各々、自分を客観視出来てるから読んでいて楽だし、素直さに心がほっとする。
    仁も少しずつ変わってきたし、引き続き楽しみ。

  • 今回はドタバタよりも解決部分が多かったので安心しました。次も気になります。

  • いつも、ここで終わるの?というところで終わってしまう。
    2017/8/13

全24件中 1 - 10件を表示

カブキブ! 6 (角川文庫)のその他の作品

カブキブ! 6 (角川文庫) Kindle版 カブキブ! 6 (角川文庫) 榎田ユウリ

榎田ユウリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

カブキブ! 6 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする