鬼の家

著者 : 花房観音
  • KADOKAWA (2017年9月15日発売)
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052730

作品紹介

京都の千本通りの側にある豪邸は、資産家の夫が愛妻のために建てたものだ。ある夜、行き倒れの男がやってきて、すべては狂いだす――。闇に蠢く影は、異形の者か人が生み出したものか。人間の本質を抉りだす恐怖譚。

鬼の家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資産家の夫が愛妻のために建てた、京都の千本通りの側にある豪邸。
    ある夜、行き倒れの美しい男がやってきてから、すべてが狂いだす――。

    闇に蠢く影は、異形の者か人が生み出したものかー?

    6つの恐怖譚・・・というわりには、そこまで怖くもなく。
    いつものエロさもなく。なんがか淡々とした感じで、ちょっと期待外れだったかなー。

  • 2013、14年の「Mei」に掲載された3話、2015年の「小説野性時代」の1話に書下ろし2話。

    千本の桜があったという京都の千本通り(かつての朱雀大路で千本の卒塔婆があったとも)に明治期に建てられた豪華な洋館とそこに住む松ケ谷家の代々の人々と鬼の怪奇譚

    薩摩出身の陶器商吉二郎は妻桜子のために洋館を建てるが、留守がちで桜子の寂しさに鬼が付け入ってしまう。夫の「事故死」後、桜子は使用人の李作と再婚し、屋敷は社交場、享楽の場となったことが第2話の桜子の息子(実は享楽に供された桜子の娘が15で産んだ子)が家の秘密を語る独白でわかる。
    第3話は桜子の孫塔一郎の妻の独白で、性の快楽の果てに気づいた真相が怖く、第4話は塔一郎の息子の最初の妻が病死した後に後妻となった若い女を使用人が狂死させ3番目の妻となるのが怖い。
    第5話ではその息子文彦はが事故死し、親友の牧雄が文彦の双子の兄綾彦に絡め取られ、肉体の自由と恋人を奪われる。最後は綾彦の娘桜子が住まいを移して洋館をカフェや結婚式場にして成功するが本当の動機と結末は一層怖い。

  • 実業家が若き愛妻のために建てた邸宅。幸せな家が狂い出す!代々と住まう人々に闇に蠢く影が・

全3件中 1 - 3件を表示

鬼の家のその他の作品

鬼の家 (角川書店単行本) Kindle版 鬼の家 (角川書店単行本) 花房観音

花房観音の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鬼の家はこんな本です

ツイートする