ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)

著者 : 大澤めぐみ
制作 : U35 
  • KADOKAWA (2017年3月1日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052846

作品紹介・あらすじ

噎せ返るほどの血の臭い。人の残骸。その傍に立った彼女は極めて冷静な表情でわたしを見つめた――。 サワメグとアズの出会いを語る、「おにぎりスタッバー」前日譚。

ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おにぎりスタッバーの前日譚.前作では明るく見えていたサワメグの壮絶な過去を描いている.前作はファンタジー要素が強く,独特な文体も相まってサクサク進む,コミカルな作品という印象だったが,本作はうってかわっていじめや離婚,また友人が殺人被害者になるということもあり,テーマとしても死が重要なものとしてあることから,内容として重い印象を受けた.記憶と人格の連続性などやや哲学向きな問題にも焦点が当たっている.前作の内容を知っているからこそ展開が読めないところがあり,うまく作られている作品だと思った.

  • はじめは誰が誰のことを語っているのかよくわからなかった。でも段々とわかってきて、タネが明かされる頃には正しく読み解けていたことがわかる。ていうか、難しげな単語をまぶしてたりするけど、結構わかりやすく書かれていたんだなということに気付く。そして最後に、綺麗に前作に繋がってスッキリ。そんな面白さがある。

全2件中 1 - 2件を表示

ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)のその他の作品

大澤めぐみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする