黄金仮面 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053041

作品紹介・あらすじ

ゾッとするほど無表情な金属製の顔、シューシューという妙な笑い声、めくれ上がった三日月型の唇からしたたり落ちる血。古美術、国宝ばかりを狙う怪盗に名探偵明智小五郎の鋭い挑戦!妖しい興奮をよぶ乱歩の最高傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらは古い角川文庫版

  • 中学の頃、表題作の犯人像その他の‘アンフェア’さに腹を立てた思い出がある。が、久しぶりに読み返して思ったのは、これは痛快娯楽活劇とでも言うべきものであって、そもそもフェアもへったくれもないのだな、ということだ。小学生の頃はNHKのラジオドラマ『黄金仮面』(昭和の薫りだ!)を楽しく聞いていたのだし、中学生くらいがいちばん潔癖なのかも。ほかの数編はいずれも明智小五郎が活躍する本格推理。

  • 金色に輝く仮面をつけた怪盗が、大胆不敵な手口で日本の古美術品を次々に狙っていく。その怪人に恋をした大鳥不二子嬢を守るため、事件の渦中へと飛び込んでいく、ご存じ明智小五郎。現場に残されたA・Lの記号読み終わったったい何を意味しているのだろうか。無気味な仮面の下に隠された素顔を明智はあばくことができるだろうか。挿絵・吉邨二郎

    --This text refers to an alternate 文庫 edition.

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去

「2018年 『人間豹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黄金仮面 (角川文庫)のその他の作品

黄金仮面 Kindle版 黄金仮面 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする